Wi-Fi 6

Wi-Fi 6

MacRumorsは、2019年1月にBarclaysのアナリストBlaine Curtis氏によるCES 2019レポートの中で、次期iPhoneは「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応する可能性があるとの予測を行っています。

2019年3月に発表され、日本では2019年5月に発売開始されたスマートフォンとして初めて「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応した「Galaxy S10/S10+」は、変調​方式​(最高​次数)「1024QAM」により、5GHz帯だけでなく2.4GHz帯の速度が改善され、最大600.4 Mbps(80 MHz、​1​ストリーム)、9607.8 Mbps(160 MHz、​8​ストリーム)転送性能となるため、11axの2ストリーム接続時で、最大1200Mbpsでの通信を可能としています。

また、通信しない時の待機時間を長くするなどにより、消費電力を抑えられるため、バッテリーの持ちを改善する効果も期待できます。

Appleも参加するWi-Fi Allianceに加盟するハードウェアメーカーの多くは、Blaine Curtis氏の予測が現実となると予想しているようです。

Galaxy S10/S10+は、Broadcomの「BCM4375」チップを採用しているため、80MHz対応止まりですが、Appleは、160MHz対応している可能性があり、11axの2ストリーム接続時で、最大1733Mbpsでの通信が可能だとの予想するメーカーもあるようです。


関連エントリー:CES2019:Qualcomm、KDDI採用予定のWi-Fi 6対応ゲートウェイ「NEC Aterm 11ax」などを参考展示


PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する