DigiTimes

DigiTimes

DigiTimesが、サプライチェーン業界の情報筋によると、次世代のiPad miniは、2013年第4四半期までに量産は開始されず、2014年に発売されるようだと話したと伝えています。

この次世代iPad miniは、2,048 × 1,536ピクセル解像度のRetinaディスプレイを搭載することを目指し、また、ほぼベゼルフリーの外観になるようシャーシ設計の見直しも行われているようです。

2013年後半に発売されるiPad mini (2nd generation)は、アップデート版となり、メージャーアップデート版の発売は来年になると予測されているそうです。

20%〜30%軽量化されたiPad (5th generation)は、7月に少量生産が開始され、8月〜9月に200〜300万台の量産が開始されるようだとも話しているそうです。


関連エントリー
AppleInsider:KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、Retinaディスプレイ採用のiPad mini (2nd generation)は10月まで量産されない?
AppleInsider:KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、2013年度Apple製品ロードマップに遅れが生じる可能性があると予測


PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する