アジアの部品メーカー関係者の話しとして、Appleは、新型MacBook Airで、転送速度400Mbpsに対応した「Toggle DDR2.0」規格の19nmプロセス製造によるNANDフラッシュメモリを採用している可能性が有るようです。

現在採用されている、SATA 2.6対応Blade X-galeは終了となり、チップサイズの小型化によって、基盤直付けに変更されるようです。

NAND型フラッシュメモリの標準化団体 Open NAND Flash Interface Working Groupが2011年3月に発表した「ONFi 3.0」も、Toggle DDR2.0規格同様に最大400Mbpsの転送速度に対応した規格ですが、このONFiには、DRAMeXchangeによって調査された、2011年第1四半期におけるNAND Flashブランド業者の営業収益において、約7割りを占める世界シェア1位のSamsung(36.2%)と、2位のToshiba(35.1%)が加盟していません。

Toggle DDR2.0規格は、JEDEC(半導体技術協会)を通じて標準化に向けた取り組みが開始されており、Appleはこちらを支持したのかもしれません。


Will Apple adopt "Toggle DDR 2.0" which is 19nm process NAND Flash memory for next MacBook Air?

According to Asian electronics component company person, Apple seems to adopt 400-Mbps interface "Toggle DDR2.0" by 19nm process NAND flash memory for new MacBook Air.

Current SSD device Blade X-gale supporting SATA 2.6 will be abolished and new 19nm flash memory will be packaged into smaller chip and will be soldered on base circuit directly.

Open NAND Flash Interface Working Group, NAND standardization organization, has already released ONFi 3.0 which supports 400Mbps specification like Toggle DDR2.0. But top 70% NAND processing companies Samsung (36.9%) and Toshiba (35.1%) in 1st quarter of 2011 does not joined on this ONFi.

Toggle DDR2.0 is in way of standardized procedure by JEDEC (Global Standards for the Microelectronics Industry), Apple seems to support JEDEC's action.


PR

Category

Calendar

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する