以前「iPhone 4のホワイトモデル用の白いガラス塗装は、未だ安定せず?」と「iPhone 4ホワイトモデルの遅れは、部品メーカーの製造遅れが原因?」で伝えた、特色指定された白色で、この条件のまま製造を行うと、歩留まりが悪く、膨大な不良塗装ガラスが出来てしまう問題を解決するため、指定した被膜の厚みが出来る新しい塗料が開発されたようです。

この日本が開発した新しい塗料によって、どれだけ歩留まり率が向上するかは不明ですが、iPhone 4のホワイトモデルの製造は、あきらめられた分けではなさそうです。

ちなみに、Appleのエグゼクティブで、Steve Jobs CEOとJonathan Ive氏は、iPhone 4のホワイトモデルを使用しているそうです。


Apple does not seems to abandon the plan of white model of iPhone 4.
According to a source, specified printing white color for iPhone 4 brings poor yield and then huge number of defective products. This is the reason of disturbing to start manufacturing, a source said.

To solve this problem, a Japanese company developed miracle painting material which is able to be set thickness of painting layer.
Though it is uncertain how this specifiable thickness paint material makes yields better, iPhone 4 seems to have not been abandoned.


関連エントリー
iPhone 4のホワイトモデル用の白いガラス塗装は、未だ安定せず?
iPhone 4ホワイトモデルの遅れは、部品メーカーの製造遅れが原因?


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する