Ulysses

Ulysses

9to5Macが、Twitterで、YRH04Eが、Apple Map Carのデータ収集車「Eyedrive」の秘密について紹介した動画「Day Overview」を公開したとツイートしたと伝えています。

Appleは「Ulysses」と呼ぶ改造したスバルインプレッサを使用し、車両上部のタワーに高度な高解像度カメラとカールツァイスレンズを備え、LiDARスキャナー、すべてのキャプチャデータをリアルタイムで処理するMac Pro (Late 2013)など、数十個のハードウェア部品が搭載されているそうです。

すべて、EyeDriveユニットによって制御され、EyeDriveユニットは、EyeDriveアプリを備えたiPadで操作し、実行する割り当てたエリア情報を示し、オペレーターがキャプチャしたデータを管理することもできるそうです。


EyeDrive

EyeDrive

車両には4TBのSSDが4つ搭載されていて、約1週間の作業で満杯になり、AppleはUPSの翌日配達を利用して、これらのSSDをできるだけ早く交換するそうです。

もう1つのタイプの車は、Appleの自動運転車の取り組みに使用される自動運転のレクサスで、コード名は「Tyche」と呼ばれているそうです。

チームは、太陽が30度の朝にキャプチャを開始し、夜30度に達するまで運転する必要があり、そうしないと、太陽がLiDARセンサーの動作を妨げるそうです。

Appleはまた、一貫した画像を提供するために、完璧な気象条件でキャプチャを行う必要があることも要求していて、すべての機器が期待どおりに機能していることを確認するために、各自動車はフィールド作業の前に慎重に検査されるそうです。


関連エントリー:AppleのApple Mapsのイメージ収集車「Apple Map Car」に遭遇


Day Overview from YRH 04E on Vimeo.


PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する