Apple_App-Store-infographic

Apple_App-Store-infographic

Appleが、App Storeの経済圏の売上高が2019年の単体で5190億ドルの貢献をしたと発表しています。

Analysis Groupの独立系エコノミストにより実施された新しい研究「How Large Is the Apple App Store Ecosystem? A Global Perspective for 2019」(PDF)によれば、最も価値の高いカテゴリーは、モバイルコマースアプリケーション、デジタルグッズ·サービス関連アプリケーション、App内広告だったそうです。


App Store経済圏を通じて2019年に生み出された5190億ドルのうち、商品やサービスの売上のシェアが最大で、4130億ドルに上ったことが分かっていて、小売アプリケーションには、MUJI passportUNIQLOアプリのような実店舗のデジタルバージョンのほか、ZOZOTOWN ファッション通販のように商品をオンライン販売するウェブサイトが含まれるそうです。

小売以外のモバイルコマースアプリケーションでは、エクスペディア旅行予約ANAのような旅行アプリケーションで、売上は570億ドル、JapanTaxiやS.RIDEのような乗車送迎アプリケーションの売上は400億ドル、出前館menuのようなフードデリバリーアプリケーションの売上は310億ドルに上るそうです。


最もダウンロードされたアプリケーションの種別はゲームで、2019年に最もダウンロードされた回数が多いゲームは「マリオカート ツアー」だったそうです。

ゲーム以外でApp内広告の売上が著しかったアプリケーションはTwitterやPinterestなど無料でダウンロードして利用できるタイプで、無料でダウンロードして利用できる一方で、コンテンツの利用にApp内購入オプションを提供している日本経済新聞 電子版のようなアプリケーションもあると紹介しています。


PR

Category

Calendar

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する