Varietyが、Apple TV+番組の責任者であるJamie Erlichts氏とZack Van Amburg氏へのインタビューを掲載しています。

2人は、2017年6月に、Apple TV+のテレビ番組制作のため、ソニー・ピクチャーズ・テレビジョンからAppleに転職しましたが、すでにハリウッドのスタジオで働いていなかったため、予算取り、国際配給、シンジケーションなど番組制作に必要なことがなにもなくなったことで、それらを一から構築する必要があったそうです。


2人は、方向性として、デジタルメディアの力も活用したAppleブランドにふさわしいサービスを構築することを原則とし、その結果、多くの部門間とのコラボレーションが実現したそうです。

2人は、数ヶ月間、週に何回もクパチーノに飛び、Apple TV+の成功に不可欠な様々なApple部門の責任者と会ったそうです。

エンターテインメント側でやっていることが、Appleの他のすべてにどのように適合するかを考えた結果「Apple TV+」が会社にとってシームレスであると感じる必要があることはわかっていたそうです。

Appleは、Apple TV+プロジェクトを開始するために2人を雇い、Creative Development部門、Original Content部門、International Content部門などを新設し、Amazon Studios、Netflix、Lionsgateなどのスタッフを多く雇用しています。

2019年に入ってからは、Film Acquisitions部門、Documentaries部門も新設され、その規模は大手テレビ制作会社レベルとなっています。


関連エントリー
The Times:Eddy Cue氏、Apple TV+でAppleがフォーカスしているのは「最高のコンテンツを作ること」にある
Apple、アマゾン・スタジオのインターナショナルシリーズ担当責任者Morgan Wandell氏を雇用
Appleに、Apple独自のテレビ番組制作で、ソニー・ピクチャーズ・テレビジョンの幹部2人が入社


PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する