SwiftUI

SwiftUI

Appleが、WWDC19においてスペシャルイベント「2019 Platforms State of the Union」を行い、イベント内容を公開しています。

SwiftUIフレームワークは「LessCode. Better Code. Everywhere.」の3つのキーワードがテーマとなっています。


SwiftUI

SwiftUI

これまでのテーブルビューではなくリストビュー表示に変わり、ある場所に画像を配置すると、テンプレートのようなコードが自動生成され、それを編集して開発作業を行う感じになります。


SwiftUI

SwiftUI

コード修正もリアルタイムにプレビュー表示されるようになり、リアルタイムプレビュー側を編集すると、リストビュー側が変化するという双方向のライブプレビューが実現されているそうです。

デモで使われたプロジェクトファイルは「SwiftUI Tutorials」で公開されています。


GitHub

GitHub

GitHubは、2019年5月にパッケージ管理ツールをサポートする「GitHub Package Registry」を発表していますが、 これに「Swift packages」のサポートを追加すると発表しました。

これにより、プロジェクト間やSwiftコミュニティとの間でライブラリやソースコードを簡単に共有できるようになります。


One command. All the testing.

One command. All the testing.

アプリのテストを行う場合、各種設定、場所、各言語など様々な構成でテストしなければならなかったのが、1回のテスト実行で自動的に複数環境でのテストが行えるようになると説明しました。

各国のApp Store用に使用するスクリーンショットも自動生成してくれるそうです。


TestFlightフイードバック

TestFlightフイードバック

ユーザーからのクラッシュフィードバック機能に関して、様々なiOSデバイスがあり、さらにバッテリー残量、起動時間、使用時間、メモリー状況、ディスクアクセスなどの違いを統計的に見ることが出来るようになると説明しました。

また、TestFlightに、スクリーンショットを追加してフイードバックを送れる機能を追加するそうです。


40 Frameworks

40 Frameworks

iPadアプリをMacのネイティブアプリとして開発できる「Project Catalyst」は、40種のFrameworksがそのまま使えます。

Macアプリになると、キーボードやトラックバッド、フルメニュー、大画面など大幅に機能が増えますが、それらをMacのチェックボックスをオンにしてビルドするだけで完成するとデモしながら説明しました。


Project Catalyst

Project Catalyst

Objective-Cで開発されたiPadアプリがすでにあるデベロッパーは、最新のXcode 11で読み込んでMacサポートでビルドして見ることをお勧めします。

追加されたMacサポートプロジェクトにカスタムメニューなどを追加することなどが簡単に行えるとデモしながら説明しました。


macOS Catalina

macOS Catalina

macOS Catalinaでは、仮想的なボリュームで分けられ、システムボリュームはリードオンリーとなり、アプリが読み込み/書き込みできるのは、ユーザーデーターとアプリボリュームだけになるそうです。


Direct download

Direct download

watchOS 6では、iOSのコンパニオンアプリを使わずに、SwiftUIを使ってApple Watchでしか利用できないアプリを簡単に作成できます。

ユーザーはApple WatchのApp Storeから直接watchOSアプリを購入することができます。


SF Symbols

SF Symbols

UIでフォントサイズを変えてもシンボルアイコンはサイズが変わりませんでしたが、あたらしく「SF Symbols」を追加することで、UIのテキストサイズに追随して大きさが変化するようにできると説明しました。


Voice Control

Voice Control

フル音声コントロールのデモで、例として写真Appが地域アルバムとしてSan Franciscoを表示している場合「San Franciscoをタップ」といっても、それは写真の名前ではなく、地域の絞り込みで表示されているだけなので実体はありません。

そうした場合、ボイスコントロールできる場所を示す名前を表示させることで押せるようになると紹介していました。


Sign in with Apple

Sign in with Apple

Apple ID の 2 ファクタ認証でセキュリティを強化した上でさらにさらにプライバシーを保護する「Sign in with Apple」は、iOS、macOS、watchOS、tvOS、Webサービスで利用できるだけでなく、Windowsデバイスでも利用出来ると説明しました。

おそらくiCloud for Windowsが必要になると予想されます。


Siriショートカット

Siriショートカット

これまで別アプリだったSiriショートカットはiOS 13で組み込まれるようになり、iOS 13とwatchOS 6で適切なタイミングでアプリケーションから適切なショートカットを提案してくれます。

また、Siriショートカットの自動化の機能が追加されます。


ARKit 3

ARKit 3

一度に最大3人の顔を追跡できるようになった「ARKit 3」は、前面カメラと背面カメラでフェイストラッキングとワールドトラッキングを同時に使用できるようになると説明しました。

1台のカメラで人の動きを捉える「Motion Capture」は、ステージ上の動画を見る限り、グリーンバック等を必要としないようです。


PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する