NEWS

WWDC19:Apple デバイス管理機能を大幅アップデート #WWDC19

What’s New in Managing Apple Devices

What’s New in Managing Apple Devices

Appleが、WWDC19において「What’s New in Managing Apple Devices」を行い、その内容を公開しています。

ビジネス向けのApple Business Managerや、教育向けのApple School Managerなど、デバイス管理機能が大幅にアップデートされます。


WPA3

WPA3

iOS、macOS、tvOSで最新のWi-Fiセキュリティ規格「WPA3」に対応します。

ネットワークへの接続方法を変えることなく、これまでより高い保護能力を提供syry「WPA3-Personal」と、機密性を要するデータの保護能力をさらに高めるため、192-bit最低安全性強度プロトコルを使ったオプションのモードと暗号化ツールが利用可能な「WPA3-Enterprise」の両方に対応します。


Manage SecureTokens

Manage SecureTokens

macOSのトークン管理に、モバイル・アカウントがFileVaultシステムをブートする許可を与える、MDM Serverで、ブートストラップのトークンを管理する、ユーザーが署名するSecureTokenの作成などが追加されます。


Activation Lock

Activation Lock

MDM経由によるアクティベーションロック、iOSと同じエンドポイントとAPIが提供されます。

また、MDMサーバー APIも2019年夏から提供される予定だそうです。


What is Single Sign-On?

What is Single Sign-On?

Single Sign-Onに関しては、iOSとmacOSのネイティブアプリまたはSafariにおいて、MDM管理できるようになります。

UI表示するかしないかも選択できます。


Kerberos Extension

Kerberos Extension

macOS Catalina、iOS 13にはKerberos Extensionが追加されているそうです。

Active Directoryパスワード、ローカル・パスワードの同期管理、スマートカード対応、認証サポートなどの機能が利用できます。


iOS 13

iOS 13

iOS 13、macOS Catalinaでデバイスのセットアップアシスタントをスキップすることができます。

さらにmacOS Catalinaでは、スクリーンタイム機能をスキップさせることも可能だそうです。


Supervised-Only Restrictions iOS

Supervised-Only Restrictions iOS

Exchange ActiveSync アカウントを追加すると、メール、連絡先、カレンダー、リマインダー、メモを iOS デバイスと同期できます。

また、ホットスポット設定、Wi-Fi設定、Find Myのデバイスと友達の管理、iOS 13の新しいフローティングキーボード「QuickPath」なども管理できます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事