The Most Important Apple Executive You’ve Never Heard Of

The Most Important Apple Executive You’ve Never Heard Of

Bloombergが、Appleのハードウェアテクノロジー担当シニアヴァイスプレジデントJohny Srouji氏にフォーカスを当てた「The Most Important Apple Executive You’ve Never Heard Of」を掲載しています。

当初Appleは、法人向けとして、A8Xプロセッサを搭載したiPad Proを2015年春に発売する予定だったが、開発が遅れていて秋にずらす必要が出たそうです。

それは、A9プロセッサを搭載したiPhone 6sと同時に発表されることを意味し、Johny. Srouji氏の開発チームは、iPad ProをA8Xプロセッサ搭載ではなく、A9Xプロセッサ搭載で発表することを実現したそうです。


2007年に初代iPhoneを発表したとき、Steve Jobs氏はその弱点がなんであるかを分かっていて「それをコントロールし、所有する必要がある」という結論に達し、指示を受けた元テクノロジー担当シニアヴァイスプレジデントBob Mansfield氏は、IBMで勤務していたJohny. Srouji氏を引き入れ、自社設計によるチップ開発に取り組み始めたそうです。

Johny. Srouji氏の会議は、技術的に高度な質問を受ける事が多いため、会議に参加するエンジニアは、広範囲の知識でプレゼンテーションを行うそうです。

Johny. Srouji氏のチームが最初の実績は、2010年に発売した初代iPadとiPhone 4で採用されたA4プロセッサで、ARM Holdings製チップの改良版だったそうです。その後も、デザインの改良を続け、Retinaディスプレイ、Siriなどへの対応をしながら、世界初の64ビットARM SoC「A7プロセッサ」を開発することに成功し、Apple PayやTouch IDなどを実現可能にしたそうです。

Appleはモバイルプロセッサで素晴らしい仕事をしており、Intelプロセッサを採用するMacもApple製プロセッサに変わるのでは?と質問すると、Johny. Srouji氏は「そうするつもりはないし、それはスマートであるとは思わない」と答えたそうです。

なお、Ian King記者は、Appleの計画を良く知る人物の情報として、iPhone 5seはA9プロセッサを、iPad Air 3はA9Xプロセッサを採用すると聞いたそうです。


PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する