家電批評 2016年2月号

家電批評 2016年2月号

家電批評 2016年2月号が、特集1「ストレスゼロのWi-Fi&ブルートゥース最強入門」を掲載し、その中で、アップルバッファローネットギアエレコムアイ・オー・データ機器NECASUSの無線ルーター実測性能検証結果が掲載されています。

2階建て一軒家の各部屋でのアップロード/ダウンロード速度性能を計測し、それを点数化とコスト評価した結果が掲載されています。

ただ、計測は5GHz帯と2.4GHz帯の2つを総合した結果となっています。


WXR-1900DHP2

WXR-1900DHP2

5GHz帯計測だけに絞った場合、もっともダウンロード速度が速かったのは、バッファローの「WXR-1900DHP2」で、リビングで506.2Mbpsという性能が出たと記載されています。

全ての無線ルーターの中で、実測値500Mbpsを超えた性能を出したのは、この製品だけだったようです。


WXR-2533DHP

WXR-2533DHP

次にダウンロード速度が速かったのは、バッファローの「WXR-2533DHP」で、リビングで477.1Mbps、ルーターから最も遠い書斎2Fで148.9Mbpsという性能が出たと記載されています。

2.4GHz帯でも最高速度性能だった項目が多く、順位としても1位と評価されています。


PA-WG2600HP

PA-WG2600HP

3番目は、NECの「PA-WG2600HP」で、リビングで426.8Mbpsという性能が出たと記載されています。

転送速度性能として400Mbpsを超えた無線ルーターの中で、4本アンテナ仕様でありながら、アンテナを本体内に収納しているのはこのモデルだけで、一番筐体サイズが小さいです。


WXR-1750DHP

WXR-1750DHP

4番目は、バッファローの「WXR-1750DHP」で、リビングで413.5Mbpsという性能が出たと記載されています。

WXR-1900DHP2と比較して、干渉波自動回避機能や1GHzデュアルコアCPUといった仕様では無いといった違いがあります。


R7000-100JPS

R7000-100JPS

最後に、リビングにおけるダウンロード速度400Mbpsを超えた機種として、ネットギアの「R7000-100JPS」で、リビングで404.1Mbpsという性能が出たと記載されています。

ベッドルーム2Fで389.4Mbpsというダウンロード性能を記録したモデルでもあり、離れた場所でも転送性能が高いモデルのようです。



PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する