Appleのデュアルバンド対応「AirMac Extreme」「Time Capsule」は、2.4GHzと5GHzの周波数帯に同時に対応することができ、複数の周波数帯に対応するデバイスを使用する場合は、自動的に最適な帯域が当てられる仕組みが採用されています。

所有するMacが、802.11nおよび802.11a装置向けの5GHzネットワークチャンネルに対応していたとしても、2.4GHzネットワークチャンネル接続になる場合もあります。

2.4GHzと5GHzの周波数帯のどらにMacが接続されているかを確認するには、optionキーを押しながら、メニューのAirMacアイコンをクリックします。


AirMac Extreme/Time Capsuleで、5GHzネットワークチャンネルに常時接続するには、Macのアプリケーション>ユーティリティ>AirMac ユーティリティを起動させ、変更したいAirMac Extreme/Time Capsuleを選択します。(ここでは、Time Capsule (Early 2009)の場合で説明します。)

AirMac項目のワイヤレスタブにある「ワイヤレス・ネットワーク・オプション」ボタンをクリックします。


ワイヤレス・ネットワーク・オプション画面の「5GHz ネットワーク名」にチェックを入れます。

チェックを入れると、設定されていたネットワーク名の後ろに「5GHz」の文字が追加されます。

「ワイドチャンネルを使用」にチェックを入れると、ネットワークの転送性能が向上します。

完了ボタンをクリックして、その後アップデートボタンをクリックし、AirMac Extreme/Time Capsuleを再起動します。


しばらくすると、MacのメニューのAirMac項目に5GHz ネットワーク名が表示され、それを選択することで常時5GHzチャンネルに接続することが出来ます。

もし表示されない場合は、Macのシステム環境設定>ネットワークでAirMacを選択し、右下の詳細ボタンをクリックします。

AirMacタブから、画面中央にある「+」ボタンをクリックし、さらにネットワークを表示ボタンをクリックします。

ネットワークのスキャンが開始され、5GHz ネットワーク名が表示されたら、それをクリック選択して保存します。


使ったことのあるネットワークリストに追加された5GHz ネットワーク名をドラッグして、2.4GHz ネットワーク名よりも上に移動させます。


メニューのAirMacアイコンをクリックして、5GHz ネットワーク名を選択して接続を変更します。

情報を確認してみると、2.4GHzネットワークの時よりも、5GHz ネットワークの方が転送性能がアップしていると思います。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する