Time Machine

Time Machine

OS X Lionから、Time MachineドライブやTime Capsuleを利用していて、出張先などTime Machineのドライブから離れた場所にいる場合でも、作成、変更、削除したファイルの予備のコピーを、Time MachineがMac上に自動保存する「ローカルスナップショット」という機能が追加されました。

これは、Time MachineのバックアップドライブやTime Capsuleにつなぐと、つないでいない間に行ったすべての作業を、Time Machineが自動的に既存のバックアップと一緒に表示する「タイムラインの結合」という機能としても利用されます。


MobileBackups/Backups.backupdb

MobileBackups/Backups.backupdb

この機能によるバックアップデータは、不可視フォルダ「Volumes/MobileBackups/Backups.backupdbフォルダ」に蓄積されるため、ハードディスクの空き容量が少なくなります。ただ、システムに支障が出ないよう動的に判断され、場合によっては止まるようです。


Time Machineに入ると、通常のTime Machineのデータは「ピンクの目盛り」、ローカルスナップショットのデータは「白の目盛り」で表示されます。

このローカルスナップショットは、一時的なTime Machine機能で、毎日のデータを毎週のデータに統合し、1週間以上は保持されないようです。


元々ハードディスクの空き容量が少ないのに、ローカルスナップショット機能は必要ないという方は、Time MachineドライブやTime Capsuleに接続していない場合、システム環境設定>Time Machineのスイッチを「切」にして次回のバックアップを中止すると、ローカルスナップショットの機能も中止され、Backups.backupdbフォルダのデータが削除されます。

:Time MachineドライブやTime Capsuleに接続出来る環境に戻ったら、スイッチを「入」に戻すのを忘れないで下さい。


機能を止めたい場合は、アプリケーション>ユーティリティ>ターミナルを起動し「sudo tmutil disablelocal」と入力してリーターンキーを押すとオフになり、「sudo tmutil enablelocal」と入力してリターンキーを押すとオンになります。

また、スナップショットの作成は「tmutil snapshot」と入力してリターンキーを押します。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する