DigiTimes

DigiTimes

DigiTimesが、Appleサプライヤーからの情報として、iPhone X用部品の歩留まり率が向上し、11月以降の出荷は大幅に改善する見通しだと伝えています。

Face IDに必要なプロジェクターモジュール生産が改善されたことで、iPhone Xの出荷数は徐々に増えており、クリスマスシーズンまでにはAppleの需要を満たすと考えられるそうです。

Appleがどれだけの市場需要予測を立てているのか?実際に市場からの要求数はどれぐらいになるのか?など未知数で、2018年第1四半期まで需要と供給が安定するのは難しいと考えられます。


関連エントリー:新華社通信:フォックスコン、オランダとアラブ首長国連邦向けに46,500台のiPhone Xを出荷


PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する