HD-PA1.0TU3

HD-PA1.0TU3

バッファローが発売を開始したThunderboltおよびUSB 3.0接続対応HDドライブ「HD-PATU3シリーズ」をチェックしてみました。

今回試したのは1TBモデルの「HD-PA1.0TU3」モデルです。他に500GBモデルの「HD-PA500TU3」も販売されています。


本体には、USB3.0 Micro-Bコネクタ、Thunderboltコネクタがあり、それ以外はありません。

Thunderbolt接続の場合の最大消費電力は10W、USB 3.0接続の場合の最大消費電力は4.5Wで、どちらの接続でもバスパワーで動作します。


背面と側面を覆う筐体部分はアルミ無垢材が採用されていて、Macを意識した作りとなっています。

また底面側にパワー・アクセスランプが装備されています。


付属品として、長さ50cmのThunderboltケーブルと、USBケーブルが同梱されています。

初期のThunderbolt製品には、Thunderboltケーブルは同梱されていませんでしたので、別途購入する必要がないのもポイントです。


さっそくMacBook Pro (Retina Mid 2012)に接続してみました。

こうしてみると、一般的なポータブルHDドライブよりも大きい気がします。


Blackmagic Designのベンチマークアプリ「Blackmagic Disk Speed Test」を使用してベンチマーク計測を行ってみました。

転送速度結果はUSB 3.0接続の場合「Read:110MB/s、Write:109MB/s」という結果でした。

ウエスタンデジタルジャパンのFireWire 800/USB 2.0接続ポータブルドライブの2TBモデル「My Passport Studio 2TB」をUSB 2.0接続で使用した場合「Read:31MB/s、Write:35MB/s」でしたので約3.5倍高速な環境で利用可能だとわかります。


Thunderbolt接続の場合の転送速度結果は「Read:110MB/s、Write:109MB/s」という結果で、USB 3.0接続と一緒でした。

My Passport Studio 2TBをFireWire 800接続で使用した場合「Read:63MB/s、Write:36MB/s」でしたので約1.7倍高速な環境で利用可能だとわかります。


システム情報でドライブ情報を確認してみると、5400回転ドライブが使用されていることが確認出来ました。

5400回転ドライブ使用なので、他のUSB 3.0接続ドライブと同程度の性能しか出ないことがわかり、Thunderboltポート性能を発揮するのは難しいということが分かりました。

これならばThunderboltポートオンリーの外付けドライブか、2012年モデルのMacBook Pro/MacBook Airでの利用だけならば、他のUSB 3.0接続ドライブを選んだ方が、価格と性能のバランスが良い気がします。





PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する