D850

D850

ニコンイメージングが、デジタル一眼レフカメラ「D850」を9月8日から発売すると発表しています。

D810の後継モデルで、ニコンFXフォーマット、有効画素数4575万画素裏面照射型CMOSセンサー、最高約7コマ/秒の高速連写性能となっています。

光学ローパスフィルターレス仕様で、感度はISO64〜25600性能を持っています。


D850

D850

画像処理エンジンは「EXPEED 5」を採用し、12ビット/14ビットRAW記録が可能です。

最大記録サイズは8,256×5,504ピクセルで、動画はフルフレームで4K UHDの30p/25p/24p記録が可能となっています。

なお、8K UHD解像度を超えるタイムラプス撮影にも対応しています。


D850

D850

連続撮影可能枚数は、14ビットロスレス圧縮RAWで約51コマ、12ビットロスレス圧縮RAW(L)で170コマとなっています。

カメラ内RAW現像は複数画像の一括現像が可能となり、1,000コマのRAW現像が約25分で可能だそうです。

D5と同じマルチCAM20KオートオーカスセンサーモジュールのAFセンサーを搭載しており、また、フリッカー低減機能を備えたD5と同じAEセンサーも搭載されています。


D850

D850

静止画ライブビュー撮影時に、先幕・後幕とも電子シャッターを用いる「サイレント撮影」が可能です。

インターバルタイマー撮影も電子シャッターで可能になり、シャッターユニットの耐久性を気にする必要がなくなったと説明しています。

また、ライブビュー撮影時のピーキング機能が搭載され、画面内で最もコントラストが高い部分の輪郭を強調表示する機能で、ピント合わせをしやすくなっています。


D850

D850

メモリカードは XQDカードとSDXCカードの2種類各1スロット。

SDXCカードスロットは UHS-II に対応しており、「生成される画像データのサイズから考えて、事実上の UHS-II カードが必須と考えて下さい」と説明されました。


D850バッテリー

D850バッテリー

D850 の標準バッテリーは「EN-EL15a」。標準状態のD850ではグリップ部に EN-EL15a を1つ搭載して撮影できます。

別売りの縦位置グリップ「マルチパワーバッテリーパック MB-D18」には、このEN-EL15aを1つ搭載するアダプタと、単3電池8本を搭載して動作させるアダプタが付属しますが、D850 + マルチパワーバッテリーパック「MB-D18」の組み合わせでも、これらの電源を利用した場合は最大7コマ/秒という撮影スピードはそのまま。


MB-D18

MB-D18

縦位置グリップ「MB-D18」に、D5 などで利用されているバッテリー「EN-EL18b」を挿入し、別売りの「バッテリー室カバー BL-5」で固定すると、最大9コマ/秒の撮影が出来るようになります。


ES-2

ES-2

35mm判フィルムを固定して撮影し、手軽にフィルムをデジタルデータ化できるフィルムデジタイズアダプター「ES-2」が利用出来ます。

FX機であれば「AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED」レンズと、DX機の場合は「AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G」と組み合わせることで、ストリップ状フィルムでもスライドマウントしたフィルムでも135フィルムの撮影を可能にするアダプタです。

2017年11月に21,600円で発売される予定です。


ES-2

ES-2

D850で撮影した場合、ポジフィルムであれば撮るだけですが、ネガフィルムを撮影する場合には [i] ボタンを押す事で設定可能になるネガフィルムデジタイズ機能によって、ネガフィルムのポジ反転及び、ポジ反転時にカラー反転するのかモノクロ反転をするのか選択できるようになります。

また、撮影時に [OK] ボタンをクリックすることで露出補正も可能となり、非常に手軽なフォルム取り込みが可能となります。

Nikon ではフィルム取り込みのためのアダプタとして「スライド複写装置 PS-6」が存在し、これは今後も販売が継続されますが、このPS-6 と比較して ES-2 は 6カット切りのフィルムストリップ用のアダプタが付属するので家庭のフィルム資産を簡単にデジタイズ出来る点と、対応レンズとの組み合わせで簡単に撮影が出来るという点が新しいポイントであると説明されました。



PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する