楽食拉麺 菊や

楽食拉麺 菊や

東京都足立区北千住の荒川沿いにある「菊や ラーメン」に行ってきました。

私がこのラーメン屋に来たのは、これが3度目で「どんだけ好きなの?」と思われるかもしれませんが、実は、最初の一回は定休日(月曜日、木曜日)で入れず、2回目は、店主が体を壊して臨時休業という状態で、店に入れず名古屋に帰っていたのです。

3度目の正直ということで、店が開く11時(営業時間は午前11時頃〜午後3時と午後5時〜8時迄)に、店に営業しているか電話してみることに。

Googleで検索して、iPhone 3Gから電話してみると、電話に「菊や」の文字が。。いつの間にか登録していたようです。。

ところが、なんど電話しても留守電になってしまいます。かなり不安を感じながらも、とりあえず店に移動することに。


未知味の拉麺

未知味の拉麺

すると、暖簾が出てるじゃありませんか!「おお!やってるやってる!」とはしゃぎながら、店の撮影を開始。

店にビニールテープで貼られたメニューらしき文字と、店の横にある「未知味の拉麺」と書かれた看板を目にするだけで、勇気が必要です。


勇気を出して、店の中に入ってみると、中に誰もいません。。

誰かいますか〜となんど呼んでみても、返事が返ってきません。。。

しばらくして、外で待機していたお宝撮影クルーから「外で花壇の花を見てる人がそうじゃないっすかね?」と言われ、じっとそのおじさんを見てみると、前掛けをしてる様子。

でも違ったらやだしな〜と考えていたら、おじさんが気がついたようで、店に近づいてきたので、「店やってる?」と尋ねると、「やってる。」と返事が。

「やっぱり店主だったのか、てか、外にいたら電話聞こえんだろが!」と思いつつも、店の中に。

店はめちゃくちゃ狭くて、駅ホームの立ち食いソバ屋よりも狭い感じで、カウンターのみで、椅子が6個しかありません。


左の壁に、メニューが貼ってあるのですが、一番上に普通のメニューがあって、2段目に書かれたメニューが尋常ではない感じなのです。

「これ喰えるんですか?」と尋ねると、「まあ、半分冗談だからね〜」と気さくな感じで笑いながら返事が。

半分ってことは、半分冗談で、半分マジなわけだ。。と推理しつつ。

と、とりあえず、怪しいメニューについて、質問をしてみることに。(以下会話式)


お:紫ラーメンってなんですか?
店:紫ラーメンじゃなくて紫色ラーメンね。最初きれいな紫色のスープなんだよね。でも、麺を入れると、青くなるんだよ。でね、酢を垂らすとピンク色に変わるんだよ。お客さん、癖になっちゃうみたいでね〜

お:赤色ラーメンは?
店:それは、トマトなんだよ。
お:トマト?スライストマトが載ってるとか?
店:いやスープがね。
お:。。。

お:黄色ラーメンは?
店:それはウコンが入ってるんだよ。最近は、健康食品みたいに宣伝されてるから、人気があるんだよ。

お:青色ラーメンは?
店:それは青汁が入ってる。

お:青色と水色の違いは?ブルーハワイの液が入ってるとかですか?
店:いや〜食用絵の具が入ってるんだよね。
お:え??絵の具が入ってるんですか?
店:濁った青色になるんだけど、ちゃんと食べられるよ。しびれ薬が他より多いかな。
お:しびれ薬が入ってるんですか?
店:この辺りは、全部塩ラーメンがベースになってるんだよ。

お:健茶ラーメンは?
店:それは健康茶ね。

お:外にジョロコンてあるんですけど、これは、何ですか?
店:それは自然薯(ジネンジョ)と、とろろ昆布が入ってる。メニューにも薯〜昆ラーメンって書てるやつだよ。

お:牛乳ラーメンがあって、珈琲牛乳ラーメンがあるのに、珈琲ラーメンが無いのはなぜですか?
店:珈琲だけも試したんだけど、しゃれにならなくなる感じだったし、美味しくなかったんだよね。
お:全部、しゃれにならないと思うんだけど。。


お:反対側に貼ってあるアイスクリームラーメンは?
店:うちはね、近所の子供達が入ってる野球クラブが近くにあって、野球終わって、帰ってくる子供達に、ラーメンをただで喰わせてやってて、帰りにアイスクリームを持たせてやってたんだよね。

ある時、その中の子供が、おじさん、ラーメンにアイスクリーム入れてよって言ったんだよね。最初は、熱いラーメンに入れてみたけど、溶けちゃうし、なによりラーメンがぬるくなちゃって美味しくなかったんだよね。そこで、冷やしラーメンの上に乗せて出すことにしたんだよ。

お:冷やし中華じゃなくて、冷やしラーメン?
店:う〜ん、冷やしラーメンだよ。しびれ薬が2つまみ入ってるから、全部食べると、かなりお腹が冷えて、寒気がするよ。
お:しびれ薬ってなんですか?


冷蔵庫で冷やされたアルカリ電池

冷蔵庫で冷やされたアルカリ電池

お:アルカリラーメンってなんですか?
店:それはね、アルカリ電池のことなんだよね。

と言って冷蔵庫を開けると、そこにアルカリ電池が。。

店:大きい方が大人用、小さい方が子供用なんだよ。近所の親ごさんがね、子供が勉強しないで怠けてる時、「菊やのアルカリラーメン食べて、頭良くしてもらってきなさい!」って叱るんだよね。そうすると、子供がやってきて、おじさんアルカリラーメン下さいって言うんだよ。次の日、テストかなんかがあったみたいで、その子供が「おじさん電池効かなかったよ」って言うんだよ。

と笑いながら話してました。

どう考えても、頭に電池が効くわけないし、そんなことよりも、危険でしょ!とスタッフ全員が思ったに違いありません。

店:本当に電池を入れたら保健所に怒られちゃうでしょ。これはね、梅干し肉入りラーメンなんだよね。梅干しがアルカリ性だから、そに引っ掛けてアルカリラーメンって名前を付けたんだけど、なぜか、電池が入ってるって話しになっちゃってるんだよね。

確かに、アルカリ電池入りラーメンとは書かれていないから、お客が勝手に想像したのを逆手にとって、しゃれで冷蔵庫に電池を入れているみたいでした。


アルカリラーメン

アルカリラーメン

スタッフで色々と食べたのですが、まず始めはアルカリラーメンを食べてみました。

勇気が足りなかったので、子供用を頼んでいました。

ビリっと感電する感じもなく、ラーメンは、普通に美味しかったです。

頭に効いたかどうかは、まだ判断できませんが。。


チーズラーメン

チーズラーメン

次に、チーズラーメンを食べてみました。

塩味ベースのラーメンに、溶ろけるチーズが2枚入ってます。

店主は、チーズに塩気が入ってるから、結構美味いんだよねと言ってましたが、元々塩味ラーメンなので、チーズだからこの味とは言えないんじゃないかと思ったのですが。。


アイスクリームラーメン

アイスクリームラーメン

次は、有名なアイスクリームラーメンを食べてみました。

冷やしラーメンの上に、アイスクリームが、縦に割られたて載せられていて、その上にゆで卵がのっかり、さらに、その上から青のりが大量に振りかけられてます。

見ためだけで、かなりのインパクトがありすぎです。。。

とりあえず食べてみました。

普通の冷やしラーメンの味で、冷やし中華ではありません。なんか、想像してたのとは違う感じです。

載ってるアイスクリームを、スープに浸けながら食べてみました。

タダのアイスの味がします。。


そもそも、ラーメンのスープが冷たいので、アイスがなかなか溶け出しません。

でも、しばらくすると、どんぶりの中は、凄い状況になってました。

体が寒くなりながらも、完食しました。

ごちそうさまでした。


つぎは、店主いわく見た目が凄いらしい紫色ラーメンを食べてみました。

店主が、最初は、こんなきれいな紫色してるんだよねと、まず、スープの色だけ見せてくれました。

それを見て、スタッフ一同から「お〜!」と声が。

後から思えば、何がお〜!だという気もします。。。


紫色ラーメン

紫色ラーメン

そして、紫色ラーメンが出てきました。

紫色のスープが、少し、青っぽい色に変わっていて、ラーメンの上に、湯がいた紫キャベツが山盛り載ってます。

まったく食欲がそそられないラーメンを目にしたのは初めてかもしれません。


店主が説明したように、ラーメンのスープに酢を垂らしてみました。

すると、化学反応をおこし、色がピンク色に変わってゆきます。

きっと近所の子供にリトマス試験紙を説明するために、このラーメンを作ったんじゃないか?と思わせるほど、科学の雰囲気が伝わってきます。

スープは醤油ベースですが、酢を入れると、色も変わりますが、当然味も変わります。

先の色々なラーメンで麻痺してるのかもしれませんが、紫色ラーメンに、酢はお薦めです。



麺を箸で持ち上げてみると、麺がエメラルドグリーン色に染まってます。

ど、どんな味がするんだろう。。と、かなり心配になりましたが、普通にこれが食べられます。

また、この麺も科学反応によって色が変わっているようで、酢を垂らすと白い色に変わります。

色々なカラーを楽しみたいカラーハーモニー派にはお薦めです。


珈琲牛乳ラーメン

珈琲牛乳ラーメン

次に、店主が最初に作った未知味ラーメン珈琲牛乳ラーメンを頼んでみました。

出てきたラーメンは、豚骨色した普通のラーメンのようですが、物凄い珈琲の香りがします。

さっそく食べてみると、ラーメンスープと、珈琲の味が分離されていて、誰の下でも「これは、醤油ラーメンと珈琲が入ってますね」と当てられます。

クイズ向きじゃ無いラーメンです。


店で、色々なラーメンを食べながら、店主と話していると、裏口が開いて、近所の主婦らしき人達が、注文をしはじめました。

え〜と、珈琲牛乳ラーメンと、納豆ラーメンと、豆乳ラーメン、ワンタン。何分ぐらいでできますか?

それを聞いて、スタッフは、本気で驚きました。

この街では、このメニューは普通なんだ」と。。


店主は、街の人達に愛されてるようで、店の外に、子供110番のシールが貼られてるのもうなづけます。


納豆ラーメン

納豆ラーメン

せっかくなので、豆乳ラーン納豆ラーメンのスープも見せてもらいました。

納豆ラーメンの見た目はかなりインパクトあります。

でも、あの納豆独特の臭いがしません。

なにか秘密の仕掛けがされてるようです。


豆乳ラーメン

豆乳ラーメン

豆乳ラーメンは、紙パックの豆乳に、少しニガリを入れてスープを作ってました。

「他の店でも豆乳ラーメンはあるけど、うちのは、そこの荒川から取ってきた川砂が入ってんだよね」

え!?砂??

どんぶりの底に砂らしきものが入ってますが、なぜ入れているのか聞きそびれてしました。


微糖珈琲

微糖珈琲

店を出る間際に、おじさんが「口直しにどうぞ」と言って、京都美山名水の微糖珈琲をくれました。

この珈琲缶は、食べたお客全員に渡してるそうです。





菊や ラーメン

東京都足立区千住大川町10−3
電話03−3888−5032
営業時間=午前11時頃〜午後3時と午後5時〜8時迄

定休日:月曜日、木曜日

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する