FileMaker 17 プラットフォーム

FileMaker 17 プラットフォーム

ファイルメーカーが、FileMakerプラットフォームの最新バージョン「FileMaker 17 プラットフォーム」をリリースしたと発表しています。

これまでの「起動センター」は「マイ App ウインドウ」に変わり、より分かりやすくなっています。


Starter App

Starter App

新しい 6 つの Starter App の中から選択して、すぐに始められます。

アプリケーションにアドオンテーブルをつなげることによって、さらに機能を追加できます。資産、連絡先、コンテンツ、目録、会議、タスクを管理するのに最適な Starter App を選択します。


一新されたレイアウトモード

一新されたレイアウトモード

レイアウトモードが一新され、インスペクタ、フィールドタブ、およびオブジェクトタブは、ドキュメントウインドウ内の便利なパネルによって見つけやすくなりました。

また、パネルを個別に表示または非表示にすることも可能です。


デフォルトのフィールド

デフォルトのフィールド

新しいテーブルを追加すると、フィールドが自動的に作成され、レコード作成情報を表示されます。

フィールドには、主キー、作成日、更新日、フィールドを作成あるいは更新したユーザの情報が含まれます。

デフォルトのフィールドは、必要に応じてカスタマイズしたり、事前に設定しておくことができます。


電子メールに複数のファイルを添付

電子メールに複数のファイルを添付

メール送信フォームに複数のファイルを添付することが可能になっています。

これにより、顧客やチームとのコミュニケーションの柔軟性を向上させることができます。


カスタムメニューのコピーと貼り付け

カスタムメニューのコピーと貼り付け

他のアプリケーションで作成したカスタムメニューを再利用することで開発時間を節約することができます。

メニューセット、メニュー、およびメニュー項目をコピーして別のファイルに貼り付けるだけです。


スクリプトステップの機能拡張

スクリプトステップの機能拡張

強化されたスクリプトステップにより、より再利用性の高いコードを作成することができます。[カスタムダイアログを表示] で変数がサポートされるようになり、入力フィールドにテキストとして変数を入力、取得することができるようになりました。

新しい [指定] オプションを使用して、一覧からスクリプトを選択するか、計算式でスクリプト名を指定できます。


モビリティ

モビリティ

ローカル通知の構成、オートコンプリート、キーボードショートカット、ドラッグ&ドロップをサポートしています。

iOS App SDKの機能向上も行われています。


iOS センサーをサポート

iOS センサーをサポート

iPhone/iPadカスタムアプリ開発で、各種センサーをサポートしています。

バッテリー、位置情報、傾き、速度、加速度、磁気、歩数、気圧センサーが利用可能になっています。

GetSensor( )関数で指定し、起動することで取得できます。


FileMaker Pro Advanced

FileMaker Pro Advanced

個人向けライセンスは「FileMaker Pro Advanced」に一本化されています。

永続版は57,600円(1ライセンス)、アップグレード版は22,800円(1ライセンス)となります。

FileMaker Pro Advanced、FileMaker Server、FileMaker Go、および FileMaker WebDirect を含む「FileMaker ユーザライセンス」は96,000円/年(5ユーザーより)となります。



PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する