Apple Store

Apple StoreのMac復元システムは「jamf」で管理されている

Self Service(jamf)

Self Service(jamf)

AppleS toreに展示されているMacは、以前「Deep Freeze for Mac」で管理されていましたが、macOS High SierraおよびAPFSフォーマットをサポートしていないことから、現在は「Jamf」で管理されています。

通常のjamfは第2世代のMac用カスタムシリコン「Apple T2チップ」を管理することが出来ませんが、Apple Storeでは、秘密のAPIを使用する「Self Service」によって可能にしています。

Apple T1チップ、Apple T2チップ搭載で、CoreベースがiOS化した新しいMacを管理するため、それらを管理可能にする新技術の発表がWWDC2018で行われることが期待されます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事