Appleが、アメリカで、iOS 12がインストールされたiPhoneから「911」に電話すると、現在地情報を911と共有可能になると発表しています。

Appleは、2015年に携帯基地局、GPS、Wi-Fiアクセスポイントを使用して、911発信者の現在地を測定する「HELO」(Hybridized Emergency Location)を導入しているそうで、iOS 12からは、この機能に加え、位置情報が緊急当局に送信される「RapidSOS」のIPベースのデータパイプラインを併用し、安全に素早くHELO位置情報を911センターと共有できるようになるそうです。

このRapidSOSの技術は、iPhoneアプリ「RapidSOS Beacon」としても提供されていて、Googleも2018年中に導入するべく2018年2月に実証実験を行っています。


関連エントリー:iOS 11:緊急 SOS 機能


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する