日本語のローマ字入力は「JIS X 4063:2000」(仮名漢字変換システムのための英字キー入力から仮名への変換方式)として標準化されていましたが、2010年1月20日に廃止されました。

この規格廃止に伴い、iOS 5から、JIS X 4063:2000で既定されていた「必ず実装しなければいけない入力方式」の場合のみ変換候補が統一表示され、「追加で実装したほうがよい入力方式」の場合は、変換候補の数が減るか、もしくは外れるようになったようです。


例として、iOS 4.3.5までは「ちゃ」と入力する際に[tya] ・[cha]・ [cya]の3つの入力で同様の変換候補が表示されましたが、iOS 5では、必ず実装しなければいけない入力方式とされていた [cha]・[tya] だけが従来方式で候補表示され、追加で実装した方が良い入力方式とされていた[cya]では、変換候補表示されなくなっています。

もし、iOS 4からiOS 5にアップデートして、ローマ字入力時に変換候補が減ったと感じる方は、一度自分が使用しているローマ字入力方式を確認すると良いと思います。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する