DeepVision for Core ML

DeepVision for Core ML

Pedro Jose Pereira Vieitoが、iPhone/iPad用カメラアプリ「DeepVision for Core ML」を、App Storeにて販売を開始していたので試してみました。

Appleの機械学習サンプルデーターを使ってカメラ認識を体験できるカメラアプリです。

MacのFaceTimeカメラを使う「DeepVision for Core ML」も販売されています。


Machine Learning

Machine Learning

アプリを起動して、Get more modelsをタップすると、Appleのデベロッパー情報「Machine Learning」にアクセスします。

サイトの下にWorking with Modelsが用意されていて、そこでDownload Core ML Modelをアプリ内にダウンロードして読み込ませます。

MobileNet、SqueezeNet、Places205-GoogLeNet、ResNet50、Inception v3、VGG16の6種類で、あらかじめSqueezeNetデータだけは読み込み済みとなっています。

出来る事は形状認識デモなので、MobileNet(17.1MB)のデーターで十分だと思います。


アプリ内にモデルデーターをダウンロードしたら「DeepVisionで開く」をタップして、DeepVision for Core MLに読み込ませます。

物体にカメラを向けると、画面下に形状から判断した物体名が%率と一緒に表示されます。

Appleの機械学習サンプルデーターをダウンロードしなくても「SqueezeNet」をタップしても形状認識は体験出来ます。

ダウンロードしたデータとSqueezeNetデーターによって認識率が異なることも体験することが出来るようになっています。


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する