Appleが、COVID-19の影響により、中国における2月10日からの旧正月延長終了後の職場復帰のペースが、予想よりも通常の状態への戻りが遅くなっていて、その結果、2つの主な要因により、2020年度第2四半期の業績予想を満たすことはできないと発表しています。

業績予想が下回る原因として、1つ目は、世界中のiPhoneの供給が一時的に制限されることを上げています。

iPhoneの製造パートナーの工場は湖北省外にあり、これらの施設はすべて再開されていますが、予想よりもゆっくりと再開されているそうです。

これらの製品の実現を支援するすべての人の健康と幸福はAppleの最優先事項であり、このランプの継続に伴い、サプライヤーおよび公衆衛生の専門家と緊密に協議しているそうです。

2つ目は、中国国内におけるApple製品の需要が影響を受けていることを上げています。

中国のすべての店舗およびパートナー店の多くは閉鎖されている状況で、さらに、営業中の店舗の営業時間は短縮され、顧客のトラフィックは非常に少なくなっているそうです。

Apple Storeを徐々に再開し、できる限り着実かつ安全に営業を再開するとしています。

中国にあるAppleのオフィスとコンタクトセンターは営業しており、オンラインストアはずっと営業していると説明しています。


2020年度第2四半期の業績予測

2020年度第2四半期の業績予測

Appleは、2020年度第1四半期の決算発表の中で、2020年度第2四半期の業績予測として、売上高として630億ドルから670億ドル、売上総利益率として38.0%から39.0%
営業費用として96億ドルから97億ドル、その他の収入/(費用)として2.5億ドル、税率約16.5%としていましたが、売上高としての630億ドルを下回ることが確実となったと考えられます。


PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する