iPhone Xレザーフォリオ

iPhone Xレザーフォリオ

AppleのiPhone X用手帳型ケース「iPhone Xレザーフォリオ」をチェックしてみました。

Appleが手帳型ケースを販売するのはこれが初めてとなります。

ヨーロピアンナチュラルレザー(ヌメ革)を採用した上質なケースです。


iPhone Xレザーフォリオ

iPhone Xレザーフォリオ

カバー部分は、ステッチ縫いが施されていて、あえて折り目をつけず、全体的に緩い膨らみが付けられています。

レーシーバー穴は空いていないため、カバーを閉じた状態で通話することは出来ません。


iPhone Xレザーフォリオ

iPhone Xレザーフォリオ

背面はiPhone Xの背面カメラ用の穴が設けられており、Appleロゴマークが押し印の線で表現されています。

背面部分の厚みは約2mmで、Qiワイヤレス充電器のExtended Power Profile (15 Watt)で充電可能だと思います。


iPhone Xレザーフォリオ

iPhone Xレザーフォリオ

iPhone Xを固定する部分には、iPhone Xレザーケースがそのまま貼付けされている感じです。

ポケットは2つ用意されていて、上ポケットには、ちょうどクレジットカードが入るサイズで縫い止めがされています。

ケースに装着された形崩れ防止プレートの裏に、磁石が含まれているため、磁気ストライプカードはポケットの中だけで保管するように説明があります。


ポケッタブルマグナビューワー

ポケッタブルマグナビューワー

iPadのSmart Coverと同じように、iPhoneカバーの開閉時に自動的にiPhone Xをロック/ロック解除することが可能です。

ポケッタブルマグナビューワーを使って磁石位置を確認したところ、カバーの外側の角に2個入っている事が確認できました。


Hall Effect sensor

Hall Effect sensor

1つはHall Effect sensor用で、もう1つは、iPhone X本体の底面スピーカーのマグネットを使用して、カバーを固定するために入っているようです。

磁石棒を使ってマグネット位置を探ってみたとろ、中央よりがN極のマグネット仕様のようです。


Hall Effect sensor

Hall Effect sensor

今度は、ポケッタブルマグナビューワーを使ってケース側の磁石位置を確認したところ、iSight Duoカメラ近くの下側当たりに、小さいマグネットが1個入っている事が確認できました。

背面側に配置されたHall Effect sensorは、絶えずマグネットで反応している状態で、表側に配置されたHall Effect sensorが反応すると閉じた状態ということを認識する仕組みのようです。


ロック/ロック解除

ロック/ロック解除

iPhone Xレザーフォリオを使用すると、iOSの設定>画面表示と明るさに、iPhone Xカバーの開閉時に自動的にiPhone Xをロック/ロック解除する「ロック/ロック解除」項目が表示されるようになります。

この項目は、iPadでSmart Coverを使用した場合と同じで、iPhone Xレザーフォリオを使用したことがないiPhone Xには表示されません。


iPhone X:Hall Effect sensor

iPhone X:Hall Effect sensor

Accessory Design Guidelines for Apple Devices R4の図面から、iPhone X 上には、画面をロック/ロック解除するための「Hall Effect sensor」が2個搭載されていて、上がN極、下がS極に反応する仕組みとなっています。



PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する