SB-TV06-WRIP

SB-TV06-WRIP

SoftBank SELECTIONのエリアフリー 録画対応デジタルTVチューナー Plus「SB-TV06-WRIP」を試してみました。

エリアフリー録画対応デジタルTVチューナー「SB-TV04-WRIP」の後継機で、iPhone/iPadから視聴する場合「3G/4G LTE」回線からも利用可能になっています。


本体の他に、デジタル放送を受信するためのminiB-CASカード、電源アダプタ、有線LANケーブル、セットアップガイド、保証書などが同梱されています。

ただ、これだけでは使用することはできません。


別売のアンテナケーブルは必須で、録画するには、HD-PCF1.0U3-BWCなど、USB2.0/3.0接続対応のHDドライブが必要です。

バスパワー駆動に対応し、最大2TBのHDまでサポートされています。


DP2S-P

DP2S-P

ワンルームマンションなど壁面のテレビ端子が1つしかなく、すでに液晶テレビ用に使用している場合は、マスプロ電工の家庭用分配器「DP2S-P」などが必要になります。


SoftBank Air

SoftBank Air

また、インターネット環境に接続され、LANポートを持ったAirMac Extremeや、SoftBank Airなどの無線LANルーターが必要です。

Wi-FiはIEEE 802.11ac仕様が良いです。


SB-TV06-WRIP

SB-TV06-WRIP

本体横のスロットにB-CASカードを挿入し、電源プラグ、LANケーブル、USB2.0/3.0対応HDドライブなどを接続します。

1時間あたりのHDドライブ必要容量は、地上デジタル放送ハイビジョン約7.5GB、地上デジタル放送標準画質約3.5GB、BS/CSデジタル放送 ハイビジョン約10.5GB、BS/CSデジタル放送 標準画質約4.8GBとなっています。


エリアフリーTV Plus (StationTV)

エリアフリーTV Plus (StationTV)

iPhone/iPadアプリ「エリアフリーTV Plus (StationTV)」をダウンロードします。

現時点での対応システムは、iOS 7.1以降のシステム環境で、iPad Pro、iPad Air 2、iPad Air、iPad mini 4、iPad mini 3、iPad mini 2、iPhone 6s Plus、iPhone 6s、iPhone 6 Plus、iPhone 6、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5となっています。


エリアフリーTV Plus (StationTV)

エリアフリーTV Plus (StationTV)

アプリを起動してエリアフリー 録画対応デジタルTVチューナー Plusを探します。

その後、地域を選択してチャンネルスキャンを開始します。

2回目以降は、接続モード選択画面が表示され、決定ボタンをタップします。


エリアフリーTV Plus (StationTV)

エリアフリーTV Plus (StationTV)

チャンネルを選ぶとテレビ番組が表示されます。

ポケットフルセグ 録画対応テレビチューナー「SB-TV05-FSBA」とは異なり、テレビ番組自体は、テレビアンテナからの受信のため、安定した高画質で楽しめます。

画質が落ちるのは、無線LAN接続環境によるものとなります。


エリアフリーTV Plus (StationTV)

エリアフリーTV Plus (StationTV)

番組表も見ることができ、その番組表からチャンネル切り替え、録画予約などが行えます。

録画したテレビ番組も視聴可能です。


ながら見

ながら見

縦表示にした場合、画面下にインターネットブラウザを表示して、インターネットブラウジングしながらの「ながら見」が利用できます。

もし表示されない場合は、設定>視聴設定>ながら見をオンにして下さい。


外出先から現在のチューナーに接続する

外出先から現在のチューナーに接続する

外出先で地デジを見るには、その他>設定>チューナー設定>接続設定>外出先から現在のチューナーに接続するをオンにします。

また、UOnPを有効にします。

なお、登録出来る端末は、最大6台までとなっています。


エリアフリーTV Plus (StationTV)

エリアフリーTV Plus (StationTV)

外出先では、基本的に公衆無線LAN環境下で使用すると画質が安定しますが、3G/4G LTE回線でも利用できます。

データ通信1GBあたりの使用時間目安は、高画質約30分、標準画質約60分、低画質約80分、低速回線用画質約120分となります。


エリアフリーTV Plus (StationTV)

エリアフリーTV Plus (StationTV)

エリアフリー 録画対応デジタルTVチューナー Plusの良いところは、TwitterやFacebookなどで盛り上がっているテレビをどこでも視聴出来たり、録画予約を行えることです。

また、フルセグ/ワンセグの場合、受信チャンネルが現在地に依存しますが、この製品の場合は、設置場所のチャンネルのままとなります。


StationTV for Mac

StationTV for Mac

エリアフリー 録画対応デジタルTVチューナー Plusは、別途「StationTV for Mac」を購入することで、Macでも視聴することが可能です。

必要システム環境は、OS X Mavericks(10.9)以降となっています。


StationTV for Mac

StationTV for Mac

番組表は、フル画面表示が可能で、キーワード検索にも対応しています。

外出先からの視聴ができるだけでなく、番組表からの予約も行えます。


StationTV for Mac

StationTV for Mac

Macからの接続の場合、ローカルネットワークで有線LAN環境などの安定した高速ネットワークで利用するための「高速回線用画質」が選択出来ます。

フル画面表示した場合、高画質を保ったまま視聴することが出来ます。


高画質設定の場合、あっという間にパケット転送料がGBを超えてしまうため、iOSの設定>モバイルデータ通信で、エリアフリーTV Plusの項目をオフにしておくことをお勧めします。




PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する