Mikimotobeansが販売する、Fitbitのワイヤレス心拍計・活動量計リストバンド「Fitbit Charge HR」を試してみました。

Fitbit Chargeをベースに、心拍継続測定機能を追加した、アクティブフィットネスユーザー向けの製品です。

また、iPhoneだけでなくMacでも利用することが可能です。


本体と一緒に、専用コネクタのUSB充電ケーブル、Macと接続するためのUSB ハードウェアキー、マニュアルなどが同梱されています。

USB充電アダプタは入っていません。


バンドの裏には、自動的かつ継続的に測定できるリストバンド型心拍計「PurePulse」センサーが組み込まれています。

このセンサーは、腕に巻いている間、ずっと測定が継続されます。


本体充電は、Fitbit Charge HR専用形状のUSB充電端子を使用した形式で行なわれます。

他のFitbitシリーズ製品と互換性はありません。


充電時間は1 〜 2 時間で行なえ、1回の充電で最長 5 日間持続可能です。

充電中は、本体ディスプレイに充電状態が表示されます。

バッテリー量が少ないと「!」マークが表示されます。


さっそく腕に巻いてみました。

バンドはエラストマー素材で出来ていて、ディスプレイ面が手前に向くよう傾斜が付けられています。

Apple Watchと同様に、ディスプレイ面を目に向けた時に表示がされ、さらに画面ダブルタップで別の情報を表示させることが出来ます。


Fitbit FlexやFitbit Chargeのバンドの止め方と異なり、最上位機種のFitbit Surgeと同じバンドの止め方が採用されています。

形状は、一般的な腕時計タイプと同じで、サージカルステンレス製のバックルが採用されています。


Fitbit Charge HRは、睡眠状態を自動的に判断して切り替えを行なってくれます。

本体ボタンを長押し、またはFitbit Appから手動切り替えも行なえます。

また、アプリでアラームを設定することで、時間になるとバイブ機能でやさしく起こしてくれます。

エラストマー素材のバンドがかなり薄いため、寝入る時にあまり違和感を感じることがありません。


Fitbit Charge HRは、汗、雨、水しぶきに対応しています。

ただし、デバイスは水泳時またはシャワー時に使用することはできません。

Fitbitの製品で、防水対応なのは「Fitbit Flex」のみで、水深 10 メートルまで対応しています。


Fitbit App

Fitbit App

デバイスのセッティングは、iPhoneアプリ「Fitbit」から、Charge HRを選択して行ないます。

Fitbit Appは、複数のFitbitデバイスを組み合わせて利用することも可能です。


Fitbit Appは、各デバイス毎に同期データーを確認することが可能で、Fitbit Charge HRでは、目覚まし機能「サイレンとアラーム」や、着信通知、時計文字盤変更、巻く左右の手首設定、タップジェスチャー表示、クイックビュー表示の設定などを行なうことが出来ます。

Fitbit Zipなど、複数デバイスを使い分けすることも可能になっています。

なお、Fitbitは、iOS 8のヘルスケアに対応する計画がないことを表明しています。


デフォルトのアクティビティ目標設定は、身長、体重、性別、年齢などから判断されます。

私の場合は、毎日10,000歩、8.05km、2,693カロリー、アクティブ時間30分、10階上るでした。


心拍数は、基礎代謝およびエアロバイクやクロストレーナーなどの運動消費カロリーを24時間監視して、消費カロリーの傾向を分析し、エクササイズモードを起動して運動消費カロリーをチェックすることが出来ます。

本体およびアプリ上で「脂肪燃焼」「有酸素」「ピーク」とした3つのゾーンを色で示してくれるため、トレーニング効果を最大限生かすことが出来ます。

Fitbit ダイエットコーチと併用して目標体重を設定し、カロリー収支を比較することも可能です。


Charge HR を使用して睡眠の長さと質を記録することができます。

睡眠データを同期して、ウェブサイトのグラフで傾向を分析できます。

睡眠の質や寝返りの回数も記録してくれます。

夜の睡眠だけでなく、昼寝した場合の睡眠時間も記録できます。


ダイエットを行なうためには、食事の管理も重要です。

面倒な手動記録にはなりますが、目標体重になるよう食事プランレベルを選び、食事の記録を細かく付けることで、カロリーコントロールを行なうことが出来ます。


連絡先のメールアドレスや、Facebookの友達とデータ共有することで、相手に拍手を送ったり、ランキングを争たりできます。

また、目標達成によるバッジ獲得や、友達とアクティビティを競う対決も行なうことが可能です。

こうしたモチベーションの維持機能も充実しています。


Fitbit Connect for Mac

Fitbit Connect for Mac

Fitbit Charge HRは、付属するUSB ハードウェアキーをMacに接続し、Mac用ソフトウェア「Fitbit Connect for Mac」を利用することで、Fitbitダッシュボードと、ワイヤレスデータ同期することが可能です。

iPhoneと連携出来るのは当たり前でも、Macと同期出来る製品は数少なく、かなり貴重な存在だと思います。


Fitbitダッシュボード

Fitbitダッシュボード

Fitbitダッシュボードでは、Fitbitアカウントを通じて、クラウド上にデータ保存されたデーターを分析することが出来ます。

見やすい表とグラフで目標達成度を確認し、傾向を分析できます。

月間のエクササイズカレンダーを表示したりできます。

また、MobileRunを使用してランニングのデータと地図ルートを確認することも可能です。




PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する