Catalyst Case for iPhone 5s/5

Catalyst Case for iPhone 5s/5

トリニティが、香港Catalyst製防水・防塵ケース「Catalyst Case for iPhone 5s/5」を販売開始したので試してみました。

防水と防塵の国際規格であるIP試験で最高の等級を表す「IP-68」を取得し、水の浸入を保護する等級として最高レベルの「8級」を実現、最大5mまでの水中で使用が可能となっています。

また、catalyst iPhone 5s/5 GoProマウント プロアダプターcatalyst iPhone 5/5s用 アクセサリー バイクマウントなど、システムアクセサリーも色々と用意されています。


装着は、ケース本体にiPhone 5sを入れ、背面パネルを重ねて下部を押します。

次に、対角線上の上部を押し、最後に真ん中の両端を押してはめるだけで完了します。

背面パネルの側面には、オーリングがはめこまれていて、これによって防水性能を維持する仕組みとなっています。


逆に外す時は、底面にあるインスロットにコインを入れてひねると剥がれます。

手で開けることは難しく、それだけがっちり装着しているということが分かります。


ケースに装着した状態でも、底面に用意された内蔵マイク部分と上部の通話用スピーカー部分の皮膜によって、電話やFaceTimeなどが利用出来ます。

また、ストラップホールに別売のやcatalyst iPhone 5/5s用 アクセサリー フローティングストラップを装着すれば、マリンスポーツを使用している際に、手から離れてしまっても、水面に浮かせることが出来ます。


側面のサウンドオン/オフボタン、音量調節ボタンも操作することが出来ます。

サウンドオン/オフボタンの操作はダイヤル式で、ミュートグリルを回すという操作感が得られて良いと思います。


別売のCatalyst Audio Jack Adapterを使用すれば、シャワー、水回り、雨、雪の中でヘッドフォンを使用出来ます。

なお、水泳・入浴などの水中での使用には適さないそうです。


ケースにiPhone 5sを入れてロックし、水に浸けてみました。

IP68準拠の耐水性と耐塵性、米軍規格「MIL-STD 810G」をクリアした耐衝撃性を持ち合わせています。

水中ではホームボタンなど、タップ操作には反応しますが、フリック動作などは使用出来ません。




PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する