エアージャケット セット for iPod touch 5th

エアージャケット セット for iPod touch 5th

パワーサポートが販売を開始した、iPod touch (5th generation)用ハードケース「エアージャケット セット for iPod touch 5th」をチェックしました。

iPod touch (4th generation)用ケース「エアージャケットセット for iPod touch 4th」と比べて、頭部だけでなく、底面側もケースが覆う仕様になりました。


今回のモデルは、iPod touch Loopに対応したバージョンと非対応バージョンの2種類用意されています。


同梱されているのは、エアージャケット本体、AFP(アンチフィンガープロテクション)クリスタルフィルム(液晶画面用)、AFP アンチグレアフィルム(液晶画面用)、超極細繊維クリーナークロスとなっています。

アンチグレアフィルムは、以前レビューしたのと同じで、黒が際立つ新しいタイプとなっています。


iPod touch Loopに対応したケースを装着する場合は、先に、エアージャケット背面左下のスリットからiPod touch Loopを通しておきます。


iPod touch LoopをiPod touch (5th generation)に装着したあと、エアージャケット for iPod touch 5thを装着します。


iPod touch Loopの可動範囲は4分の1になりますが、ブラブラさせて使用するためには十分な可動範囲だと思います。

iPod touch ユーザガイド (iOS 6ソフトウェア向け)には「ループを使用しているときは、iPod touch を揺らさないでくだ さい。ループが外れて怪我や損傷の原因となることがあります。」と記されている通り、通常の場合、外れることがあるわけですが、エアージャケットを使用している場合は外れなくなり安全です。

また、iPod touch Loopボタンそのものも保護する仕組みが採用されています。 


底面側は、ヘッドフォンジャック、Lightningコネクタ、内蔵スピーカー部分に対して必要最小限の穴をあけつつ、それ以外の部分を保護するデザインとなっています。

スピーカー用パンチング穴にピッタリ合わせるのは相当苦労したのではないかと思います。


iPod touch (5th generation)のiSightカメラは、iPhone 5とは違い、カメラ部分が少し飛び出ています。

そのため、LEDフラッシュと高さが生じて、LEDフラッシュ撮影時による光の写り込みはほとんどありません。

エアージャケットセット for iPhone 5にはあるパワーサポートの特許技術「フラッシュガード」は採用されていません。


iPod touch Loop非対応版は、スリットが無いだけであとは同じです。

ジャケット表面には新開発のセルフリペアコートが施されていて、細かなキズが付きにくく、軽度のキズには復元作用が働きます。

iPod touch Loopを使用しないのであれば、iPod touch Loop用の穴が空いているのに使えないケースを使用するより、初めから塞がれているケースを使用した方が良いと思います。

現時点では、このエアージャケット for iPod touch 5thしか塞がれているケースが無いようで、こちらの方が売れているようです。


関連エントリー
パワーサポートの従来モデルと比べて黒が際立つiPhone 5用アンチグレアフィルム「アンチグレアフィルム for iPhone5」をチェック
iPod touch (5th generation)のiPod touch Loop用の穴が空いていても、iPod touch Loopが使えないケースが続出




PR

Category

Calendar

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する