watchOS 8

watchOS 8

Appleが、WWDC21において、デベロッパー向けにwatchOS 8の新機能について紹介するセッション「What's new in watchOS 8」を公開しています。

Apple Watch Series 5 および Series 6 では、「常にオン」がデフォルトで有効になっていますが、これがApple Watchアプリでも利用可能になります。


Always-On Display

Always-On Display

常にオン表示はApple Watch Series 5 および 6 でサポートされています。

watchOS 7 では、常にオンの状態では、アプリの UI がぼやけて表示され、時間がオーバーレイされていました。

watchOS 8 SDK を使用してアプリを再構築すると、アプリの UI は代わりに淡色表示になり、誰かが UI をタップするとすぐにインタラクティブになります。

常にオンの状態では、システムはディスプレイの全体的な明るさを自動的に下げ、誰かが見える程度の明るさを維持します。


HealthKit データ

HealthKit データ

watchOS 8 では、HealthKit データのバックグラウンド配信がWatchアプリに導入されます。

これにより、アプリの定期的なヘルスモニタリングを行わないが可能になり、ファミリー セットアップ構成で使用されるスタンドアローンの Watchアプリに大きな影響を与える可能性があります。

HealthKit データのバックグラウンド配信の設定は、iOS と同様に機能します。

watchOS では、新しいヘルス データが収集されて述語が一致し、バックグラウンド オブザーバー クエリが処理されると、アプリが起動して結果を受け取ります。

Watch アプリの場合、これは 1 時間に 1 回まで可能です。


Qardio

Qardio

watchOS 8 では、さらに一歩前進し、バックグラウンド アプリの更新時にデバイスが接続できるようにします。

これにより、アプリの複雑さがアクティブな文字盤にあるときに得られます。

たとえば「Qardio heart health」アプリの場合、ユーザーは、Qardioの医療グレードの ECG で心臓の状態を監視できます。


App in the Air

App in the Air

watchOS 8では、地域ベースのユーザー通知を Apple Watch にもたらします。

これは、位置情報に基づいて重要なことを通知できることを意味します。

App in the Airアプリを使用して空港に到着したときにフライト情報を受け取ることができます。

watchOS での地域ベースのユーザー通知は、iOS と同様に機能します。


テキスト入力

テキスト入力

watchOS 8 ではテキスト入力が改良され、アプリごとに落書きまたは音声入力を好む人がいるかどうかを記憶し、テキストの入力中に入力タイプをすばやく変更できるようになりました。

これにより、はるかに多くのテキストを簡単に入力でき、SwiftUI テキスト フィールドでこの機能を無料で利用できます。

新しい検索可能 API を使用すると、カスタマイズされた提案を使用して検索フィールドをアプリに簡単に追加できます。


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する