iPhone Killer: The Secret History of the Apple Watch

iPhone Killer: The Secret History of the Apple Watch

WIREDが、Apple Watch開発に関する記事「iPhoneよ、さらば/Apple Watchとジョブズのいない革命」を公開しています。

Appleのテクノロジー担当ヴァイスプレジデントKevin Lynch氏は、2013年にAppleで働き始めると、Apple Watchのプロジェクトに加わったそうですが、その時点で計画は遅れていて、プロトタイプも無ければソフトウェアも無い状況だったようです。

また、Jonathan Ive氏は、2011年10月にSteve Jobs氏の死の直後からApple Watchの構想を思い描いていたそうで、Apple WatchとAppleデバイスとインタラクト部分のデザイナーである、AppleのクリエイティブディレクターAlan Dye氏と、後に、Apple Watchのデザインに関するヒューマン・インタフェース・チームを集め、プロジェクトは始まったようです。


Jonathan Ive氏は時計制作の歴史について研究調査を開始し、太陽の位置を読むことから時計に発展したことを学び、それが腕時計に発展していったことを学んだそうです。

Kevin Lynch氏は「携帯電話が人生を台無しにしている状況が多くなり、夕食のテーブルで、ずっと携帯電話の画面を見るために下を向いている。これが、一瞬で済み、もう少し人間らしい方法で済む方法はないか?」と考えたとき「グランス」は生まれたそうです。

チームが開発した最初のプロトタイプは、ベルクロストラップでとめる仕様だったそうで、シミュレーターは、ハードウェアよりも遥かに早い性能で動いているような状況だったそうで、デジタルクラウンも、画面の中に存在していたようです。

しかし、あまりにも操作性が悪く、ピンチ操作もし辛かったので、時計の古典的なデザインであるリューズと同じようなものを、カスタムドングルを、携帯電話の底部にコードを差し込んでリューズで動かすという試作機を作ってテストしていたそうです。

それはかなり奇妙なプロトタイプだったようですが、これが、真のApple Watchプロトタイプとして最初のモデルだったようです。

チームは、Apple design studioに入り、iOS 7の起動アニメーションと、新しいコントロールセンターの開発に入り、昼間はスマートフォンに関して議論し、深夜になってから他のデバイスについての議論を続けていたそうです。

最初のプロセスの多くはiPhone上で動くテキストメッセージのようで、送信するためにタップするといった動作だったそうです。Kevin Lynch氏は「とても理解出来るのだが、あまりにも時間がかかる状態だった。」と説明し、腕時計で時計を見ているかのような状況ではなく、30数えるうちに終えれないユーザーエクスペリエンスに反対したのだそうです。

結局、グランスによって「一瞬だけ見る」仕様に変わり、ソフトウェアの初期段階では、上から下まで全て流れるタイムラインのような表示をやめるため、全てを再設計することになったそうです。

ヒューマン・インタフェース・チームが、手首で振動する新しいインタラクティビティを実現化するため、エンジニアと協力することで、触感に働きかけるリニアアクチュエータ「Taptic Engine」は生まれたそうです。

Appleは、パーソナルな機械として長い歴史を持つ時計産業から、パーソナライゼーションと美しさが全てであることを学び、ケースのサイズや材質、バンドの種類などを豊富にする必要性が分かったそうです。


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する