Windows

消費庁:Windows 10への無償アップグレードに関し、確認・留意が必要な事項について

消費庁が、政策「Windows 10への無償アップグレードに関し、確認・留意が必要な事項について」(PDF)を公開しています。

Microsoftは、現在、実施予定日時をあらかじめポップアップで通知した上で、個人ユーザーが日時の変更やキャンセルを行わない限り、その日時になると自動的にアップグレードを始める方法をとっていると説明しています。

消費庁は、以下のような事象に遭遇するおそれがあると説明しています。

・誤ってアップグレード中に電源を切ったため、パソコンが起動しなくなるなどの不具合が生じた
・ソフトウェア(例:ウィルス対策ソフト、会計ソフト)、周辺機器(例:プリンタ、外付けDVDドライブ)がWindows 10に対応していないため、使えなかった
・パソコンが古かったため、正常に動作しないなどの不具合が生じた

Windows10を良く理解した上で、アップグレードを行わない場合、予約をキャンセルするよう説明しています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事