ソフトウェア

Alludo、macOS Ventura 13に対応した「Parallels Desktop 18 for Mac 18.1.0 (53311)」をリリース

Parallels Desktop 18 for Mac 18.1.0

Parallels Desktop 18 for Mac 18.1.0

Alludoが、Mac仮想化ソリューションの最新版「Parallels Desktop 18 for Mac 18.1.0 (53311)」をリリースしています。

今回のアップデートである Parallels Desktop 18 for Mac 18.1.0 (53311)では、macOS Ventura 13に対応しています。


macOS Ventura 13
VM のアクティビティインジケーターの位置が正しくない問題を修正しました。
ステージマネージャーを有効にした Coherence モードで、Windows のスタートメニューが正しく開かない問題を修正しました。
ステージマネージドを有効にした Coherence 表示モードで、Windows アプリケーションのウィンドウを移動すると、その下にあるウィンドウが前面に表示される問題を修正しました。
[Windows と Bluetooth デバイスを共有する] オプションが有効な場合、VM がクラッシュする問題を修正しました。

Windows 11
Windows Update KB5012170 のインストールが特定の状況で失敗する問題を修正しました。
Mac のユーザー名に国際記号が含まれている場合、Windows 11 の高速インストールに失敗する問題を修正しました。
Windows 起動中に macOS から外部ボリュームを取り外すことができない問題を修正しました。
World of Warships、Eve Online、Optuma、ANSYS Workbench 2021、Micromine、NS-1、BobCad-Cam、ACCA Edificius など、さまざまな 3D アプリケーションやゲームにおける複数のグラフィックおよび安定性に関する問題を修正しました。

Linux
Apple M シリーズチップを搭載した Mac コンピューターで、CentOS Linux 9 Stream(ARM)のサポートが追加されました。
Red Hat Enterprise Linux 9 における Parallels Tools のインストールに関する問題を修正しました。
Fedora 36 のタイムゾーンが正しくない問題を修正しました。

その他
環境設定で無効にした場合、Parallels Desktop のメニューバーアイコンに空白が残る問題を修正しました。

Parallels Desktop 18 for Mac Pro Edition のみ
Apple M1 Ultra チップ搭載の Mac Studio コンピューター(macOS Ventura 13)上の仮想マシンに対し、最大 128GB の RAM を割り当てられるようになりました。
Parallels Desktop 18 for Mac Business Edition のみ
Business ユーザーを新しいユーザー単位のライセンス(SSO/SAML)に移行する機能をサポートしました。

以前の Windows OS のサポート終了
Microsoft が以前のバージョンの Windows OS 対するドライバー署名のサポートを終了したため、Windows OS の 2000、XP、Vista、7、8、8.1 の各バージョンに対応できなくなりました。さらに、これらのバージョンの Windows には、メンテナンスやセキュリティ更新プログラムが提供されなくなりました。

これらの理由により今回の製品アップデートには、以前のバージョンの Windows OS に対応する、Parallels Tools の最終版が含まれています。Parallels Tools は、Mac 上で Windows をスムーズに使用できるようにするツールです。

Windows の自動インストール
Coherence ビューモード
グラフィックおよびゲーミングアクセラレーション
共有および統合機能
今後の Parallels Desktop アップデートでは、現行バージョンの Parallels Tools を使用して、可能な限り以前のバージョンの Windows OS が動作するよう構成される予定ですが、Parallels Tools のアップデートや修正が行われることはありません。Parallels では、今後も Mac で安全かつスムーズに Windows を使用できるようにするため、Windows 11 へのアップグレードを推奨しています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事