ソフトウェア

アドビ システムズのデジタルメディア管理ソフト「Adobe Elements Organizer 2018」を試す

Adobe Elements Organizer 2018

Adobe Elements Organizer 2018

アドビシステムズが発表した、コンシューマー向け写真編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 2018」および、動画編集ソフト「Adobe Premiere Elements 2018」に同梱される「Adobe Elements Organizer 2018」を試してみました。


自動キュレーション

自動キュレーション

メディアビューで、ウィンドウの右上隅にある「自動キュレーション」をオンにすると、Elements Organizer によって写真や動画の画質、人物、スマートタグなどをもとに写真を自動でえり抜くことができます。

この機能を使用すると、画質やタグなどをもとに写真を Elements Organizer にえり抜かせることができるので、ベストショットを手早く表示して作業を進めることができます。


スライドショー

スライドショー

ワンクリックでベストの写真を自動的に選定し、ビデオ素材と組み合わせて、スタイリッシュなアニメーション入りのスライドショーを作成できる新しいスライドショー機能が搭載されています。

メディアビューでカタログまたはアルバムを開き、タスクバーで「スライドショー」をクリックします。


カタログのバックアップ

カタログのバックアップ

ファイル/カタログのバックアップを行う場合、MacではCD/DVD を使用した復元はサポートされなくなりました。

また、PDF ファイルをバックアップまたは復元する機能も無くなりました。


関連エントリー
アドビ システムズの写真編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 2018」を試す
アドビ システムズの動画編集ソフト「Adobe Premiere Elements 2018」を試す




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事