ソフトウェア

MacのFaceTimeカメラを使用して、顔認証でスリープロック解除が出来る「KeyLemon for Mac」を試す

KeyLemon for Mac

KeyLemon for Mac

KeyLemon S.Aが販売する顔認証式ログオン管理ソフト「KeyLemon for Mac」を試してみました。

有料ソフトウェアですが、顔認識によるスリープロック解除と、顔の変化を記録するLemonDayプラグイン機能は無料で利用出来ます。

有料版は、ベクターPCショップで購入可能です。


KeyLemon for Macをダウンロードします。(ダウンロードが上手くいかない場合はこちらからダウンロード)

KeyLemonを起動して、ウィザードボタンをクリックして、顔認証に必要な顔写真を撮影します。

サイドバーの品質を確認しながら撮影することが出来ます。


ウェブカメラタブで、FaceTime HDカメラを設定します。

その他に接続しているiSightカメラや、USBウェブカメラを設定することも出来ます。


Macのシステム環境設定>セキュリティとプライバシーの一般で「スリープ解除/スクリーンセーバ解除にパスワードを要求」にチェックを入れます。

スリープ画面からの解除を行う場合、KeyLemonが起動して、顔認識によるロック解除が出来るようになります。


有料プランには2種類あり、ベーシックパッケージの場合、席を離れるとロックされる「自動ロック」ログイン画面のスキンを変更出来る「スキン変更」が利用可能になり、ブロンズパッケージの場合、第三者がログインしようとした場合に記録する「不正ログイン追跡」、異なる撮影環境で撮影した画像を使用可能な「複数撮影」などフル機能が利用可能になります。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事