ソフトウェア

Microsoft Word for Mac 2011の自動保存先にDropboxを設定し、ファイルのバージョン管理を行う

TUAWが、Microsoft Word for Mac 2011の自動保存先にDropboxを設定し、ファイルのバージョン管理を行う方法を紹介していました。

Dropboxには、最大30日間ファイルのバージョン保存を行う機能があり、それと組み合わせる事で、OS X Lionのバージョンと同じようなことが出来るという方法です。

Microsoft Word for Mac 2011の環境設定>保存で「バックアップ ファイルを作成する」と「自動バックアップ」にチェックを入れます。


次に環境設定>既定のフォルダで自動バックアップ ファイル場所を「Dropbox」に指定することで、バックファップファイルのバージョン管理することが出来るようになります。

文章の保存先をDropboxに指定すると、ファイルのデフォルト保存先をDropboxに設定することもでき、上書き保存した場合でもバージョン管理が可能になります。


バージョンの確認は、Dropboxフォルダを開き、任意のファイルを選択してコンテキストメニューを表示して「前のバージョンを表示」を選択します。


Safariが開いて、指定したファイルのバージョン履歴を確認し、任意のバージョン履歴ファイルをダウンロードすることが出来ます。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事