ソフトウェア

OS X Lionの機能や表示をカスタマイズ出来るユーティリティ「Lion Tweaks」を試す

Lion Tweaks

Lion Tweaks

Fredrik Wが、OS X Lionの機能や表示をカスタマイズ出来るユーティリティ「Lion Tweaks」を配布していたので試してみました。

このユーティリティを使用することで、ターミナルを使用しなくても様々な機能のオン/オフや、OS X Lion特有の表示方法をカスタマイズすることが出来ます。

ユーザーのライブラリフォルダ表示、Dockの3D表示無効化、ウィンドウやメールを開く時のアニメーションのオフ、Safariのリーディングリスト非表示、スクロールバーの表示、アプリケーションの再開機能の無効化、FTP Serverの有効化、不可視ファイルの表示などを「Yes/No」のボタンをクリックするだけで設定出来ます。


アドレスブックとiCalのレザー調背景画像をアルミ風に変更する機能は、それぞれ専用のインストーラーが起動します。


Launchpad内に作成したフォルダの背景画像を変更する機能は、任意の画像(PNG)を選択して変更するダイアログが表示されます。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事