Safari

Apple、パスキーに対応した「Safari 16.1」を配布開始

Safari

Safari

Appleが、システム環境設定のソフトウェア・アップデート経由で、macOS 12 Monterey、macOS 11 Big Sur向けに「Safari 16.1」の配布を開始しています。

Safari 16.1では、以下のさまざまな新機能が追加されたほか、パフォーマンスがこれまで以上に速くなり、セキュリティが改善されました:


Safari 16.1の新機能
・パスキーへの対応。
・セキュリティの改善、問題の修正。


一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。
このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のサイトを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT201222


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事