Safari

WebKit、自動更新フレームワーク「Sparkle」を実装

Sparkle

Sparkle

The Unofficial Apple Weblogが「WebKit adds some Sparkle」で、Mac OS Xソフトウェアで広く採用されている自動更新フレームワーク「Sparkle」を、WebKitも採用したと伝えています。

これを受けて、Movable Type 4.1 以降 / WordPress 2.2 以降に対応した簡易ブログエディタ「Kaku」も、Sparkleを採用したそうです。

今後、日本のフリーウェア/シェアウェアにも、Sparkle採用が増えてくるかもしれません。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事