Rumor

LG Display、将来のiPad向けに2種類の有機ELパネルを開発中?

The Elecが、LG Displayは、将来発売されるiPadに供給することを目指し、現在2種類の有機ELパネルを開発していると伝えています。

LG Displayの情報筋は、12.9インチと11インチのモデルを開発していて、12.9インチモデルはLG Displayが独占的に開発しており、11インチモデルについては、Samsung Displayが独自に開発を進めているようです。

Appleは、今後iPadに採用する有機ELパネルに2スタック・タンデム構造を適用することを計画していて、有機ELパネルを採用した最初のiPadは、2024年に発売されると予想されているそうです。

また、このパネルには低温ポリシリコン酸化物(LTPO)薄膜トランジスタ(TFT)を適用する予定で、2層タンデム型有機ELパネルは、発光層が1層ではなく、2層になっているのが特徴で、これにより、単層型有機ELパネルに比べ、輝度が2倍、寿命が4倍となるそうです。

LG Displayは、Samsung Displayよりも2スタック・タンデム構造の有機ELパネルの製造経験が豊富なため、より多くのiPad用有機ELプロジェクトを手掛けているものと予想されるそうです。

BOEは、現時点ではまだAppleとのiPad用OLEDパネルに参画していないそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事