Rumor

TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、次期iPhone、他のデバイスとバッテリーを共有することが可能に?

TF International Securities

TF International Securities

AppleInsiderが、TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、2019年に発売される予定のiPhoneは、SAMSUNGのGalaxy S10シリーズと同様に、Qi認定のデバイスおよびワイヤレス充電対応の製品を充電することが可能になると予想していると伝えています。

既存サプライヤーのLuxshareと、新規参入したSunwayが恩恵を受けると考えられ、STMicroelectronicsは、Texas Instruments製の充電効率を向上させるコンパニオンチップを使用して、制御回路を製造しているようです。


これにより、iPhone XSサイズの次期モデルで20〜25%バッテリー容量が増え、iPhone XS Maxサイズの次期モデルで10〜15%バッテリー容量が増え、iPhone XRサイズの次期モデルのバッテリー容量はほとんど増えないと考えているそうです。

また、LightningコネクタやTrueDepthカメラは継続されるとも予想しているそうです。


関連エントリー:次期iPhone、Wireless PowerShareに対応か?


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事