Rumor

Apple、Special イベントで、Retinaディスプレイ搭載iPad mini (2nd generation)と、薄型で軽量化されたiPad (5th generation)を発表か?

WSJが、Appleは、Special イベントにおいて、Retinaディスプレイを搭載したiPad mini (2nd generation)を発表するようだと伝えています。また、薄型で軽量化されたiPad (5th generation)も発表すると伝えています。

AllThingsDや、KGI Securitiesのアナリスト Ming-Chi-Kuo氏のレポートでも同様の内容が伝えられています。

ただ、Ming-Chi-Kuo氏はiPad (5th generation)のTouch ID搭載に関しては否定する予測を行っています。


これまでの様々な情報を元に推測すると、iPad (5th generation)とRetinaディスプレイ搭載のiPad mini (2nd generation)は、A7XとA7プロセッサ搭載で、どちらも厚みが7.5mmでTouch IDが搭載されていると予想しています。Wi-Fi 802.11acのサポートに関しては分かりません。

iPad (5th generation)は、スペースグレイ、ゴールド、シルバーの3色で、iPad mini (2nd generation)は、スペースグレイとシルバーの2色になると予想されます。

また、現行のiPad miniは終了となり、A6プロセッサを搭載したアップデート版のiPad miniが追加され、iPad (4th generation)の下グレードの継続販売により、iPad 2の販売が終了すると予想しています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事