NEWS

Apple、クラウド上のユーザデータへの脅威から保護するための3つの高度なセキュリティ機能を発表

iMessage Contact Key Verification

iMessage Contact Key Verification

Appleが、クラウド上のユーザデータへの脅威から保護するための3つの高度なセキュリティ機能を発表しています。

iMessage Contact Key Verificationは、ユーザーが意図した相手としか通信していないことを確認することができ、2023年に全世界で利用可能になる予定です。

ジャーナリスト、人権活動家、政府関係者など、デジタル上の脅威に直面しているユーザーが、意図した相手とだけメッセージをやり取りしていることをさらに確認することができます。大多数のユーザーは、高度なサイバー攻撃の標的になることはありませんが、この機能により、標的となる可能性のあるユーザーに対して、重要なセキュリティの追加レイヤーを提供することができます。


Security Keys for Apple ID

Security Keys for Apple ID

Security Keys for Apple IDでは、Apple IDアカウントへのサインインに物理的なセキュリティキーを必要とするかどうかを選択することができ、2023年初頭に全世界で利用可能になる予定です。

今回、Security Keysが追加されたことで、ユーザーはこの保護を強化するために、サードパーティ製のハードウェアセキュリティキーを利用することができるようになります。

この機能は、著名人、ジャーナリスト、政府関係者など、その公人としての立場からオンラインアカウントに対する脅迫に直面しているユーザーのために設計されています。

セキュリティキーを選択したユーザーには、2つの要素のうちの1つとしてハードウェアセキュリティキーを要求することで、Appleの2ファクタ認証が強化されます。

これにより、Appleの2ファクタ認証はさらに強化され、高度な攻撃者でもフィッシング詐欺でユーザーの第2ファクタを入手することができなくなります。


Advanced Data Protection for iCloud

Advanced Data Protection for iCloud

また、エンドツーエンドの暗号化を使用してAppleの最高レベルのクラウドデータセキュリティを提供するAdvanced Data Protection for iCloudにより、ユーザーはiCloudバックアップ、写真、メモなどを含む重要なiCloudデータをさらに保護することができます。

iCloudはすでに、iCloudキーチェーンのパスワードやヘルスデータなど、14種類の機密データをデフォルトでエンドツーエンドの暗号化を用いて保護しています。

高度なデータ保護を有効にしたユーザーの場合、エンドツーエンドの暗号化を使用して保護されるデータカテゴリーは、iCloudバックアップ、メモ、写真など、合計23種類に増加します。

なお、iCloudの主要なデータカテゴリーは、グローバルなメール、連絡先、カレンダーシステムと相互運用する必要があるため、iCloudメール、連絡先、カレンダーだけが対象外となっています。

Advanced Data Protection for iCloudは、アメリカでは本日よりApple Beta Software Programのメンバー向けに提供され、年内にはアメリカのユーザにも提供される予定で、2023年初頭に全世界への展開を開始する予定です。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事