NEWS

旧シュピゲンジャパンだったファイブスターエレメンツ株式会社が破産

ファイブスターエレメンツ株式会社

ファイブスターエレメンツ株式会社

ファイブスターエレメンツ株式会社は、2022年8月12日に事業を停止し、事後処理を町田法律事務所、阿部・井窪・片山法律事務所に一任、東京地方裁判所に破産を申請し、2022年8月17日に破産開始決定を受けた。

スマートフォンケース、モバイルアクセサリー等の「Spigen」製品の輸入・販売を行っていましたが、Amazonなどへの卸をSpigen本社が一括して行うようになり、2021年1月に、シュピゲンジャパン株式会社とファイブスターエレメンツ株式会社はグループとして事業統合を行いました。

TACTISM、GAURUNなどの独自ブランドを展開し、新しい事業開拓を行っていましたが、先行きの見通しが立たず、事業を停止したようです。


新着記事