NEWS

Google、Google マップの大幅アップデートを発表、iOS/watchOS向け機能を強化

Google マップ

Google マップ

Googleが「Google マップ」のアップデートについて発表しています。

有料道路と一般道路の選択を容易にするために、Google マップに初めて有料道路の料金が表示されるようになり、また、通行券やその他の支払い方法を利用した場合の料金、曜日、通過する時間帯に予想される料金などの要素を考慮に入れた推定通行料金が表示されるようになります。

4月からAndroidとiOSで、米国、インド、日本、インドネシアにある約2000の有料道路の通行料金が表示されるようになり、さらに多くの国が近日中に表示される予定だそうです。


Google マップ

Google マップ

Apple向けには、新しいウィジェットで、ホーム画面から Google マップにアクセスできます。

新しいピン留めされた旅行ウィジェットでは、Go タブにピン留めした旅行に iOS のホーム画面からアクセスでき、道案内がさらに簡単になります。


Google マップ

Google マップ

Apple Watchで、外出先から直接Google Mapsで道案内ができるようになり、数週間後には、iPhoneからナビゲーションを開始する必要がなくなります。

Googleマップは、iOSのSpotlight、Siri、Shortcutsアプリケーションに直接統合されます。


Googleマップ

Googleマップ

ショートカットを設定したら、「Hey Siri、道を教えて」または「Hey Siri、Googleマップで検索」と言うだけで、Googleマップの役立つ情報に即座にアクセスできます。

この機能は今後数カ月で利用できるようになり、Siriの検索機能は今年の夏以降に強化される予定です。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事