NEWS

CleanMyMac Xなどを開発するウクライナ企業MacPaw、ロシア侵攻による同社の影響について説明

MacPaw

MacPaw

CleanMyMac Xなどを開発するウクライナ企業「MacPaw」が、ロシアのウクライナ侵攻作戦における同社のサポート体制などについて発表しています。

オフィスはウクライナの首都キエフにあるものの、同社のインフラとユーザーデータはすべてAmazon Web Servicesで安全にホストされていて、クラウドサービスのサーバーの物理的な場所は、ウクライナ国外にあるそうです。

MacPawが提携している決済プロバイダーのPaddleは、英国で運営されています。同社はユーザーの支払い情報を細心の注意を払って扱い、世界のデータプライバシーとセキュリティの標準に準拠しています。

MacPawの製品は引き続き完璧に動作し、タイムリーなアップデートを受け取ることができ、同社サポートチームは、すべてのメッセージに返信し続けるそうです。

MacPawのチームは、独立したウクライナの平和な未来のために、冷静に、集中して、楽観的に過ごしているそうです。


関連エントリー:MacPaw、Macのクリーニング&最適化アプリ「CleanMyMac X」が「アジアデザイン賞 2022」で金賞を受賞


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事