NEWS

Apple、国連気候変動枠組条約第26回締約国会議「COP26」に参加

COP26

COP26

Appleが、イギリスで開かれている国連気候変動枠組条約第26回締約国会議「COP26」に参加しています。

COP26開催に先立ち、Appleは、2030年までの脱炭素達成へ前進クリーン電力を9ギガワット増やし、サプライヤーの取り組みを2倍にすると発表しています。

合計175社のAppleサプライヤーが再生可能エネルギーの利用に移行し、Appleおよびそのサプライヤーは、世界全体で9ギガワット以上のクリーン電力を生み出します。これらの活動により、年間1,800万トンの二酸化炭素排出が削減されます。これは、毎年400万台の自動車を減らすことに相当するそうです。


Appleの環境·政策担当ヴァイスプレジデントLisa P. Jackson氏が、COP26において各区国首脳らと一緒にフォトセッションを受けています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事