NEWS

Bloomberg:2019年のAirPods出荷台数は6000万個に達する見込み

Bloomberg

Bloomberg

Bloombergが、2019年のAirPods出荷台数は6000万個に達する見込みで、世界市場における完全ワイヤレスイヤフォンシェアの50%以上を維持する可能性があると伝えています。

AirPodsは、InventecLuxshare Precision IndustryGoertekが部品や製造を受注していますが、需要と供給を満たす生産能力が足りない状況が続いていると情報筋は話しているそうです。


Counterpoint Research 調査

Counterpoint Research 調査

Counterpoint Researchによる世界完全ワイヤレスイヤフォンシェアによる調査によると、2019年第3四半期における総出荷数は3300万個で、そのうちAppleのシェアは45%で1位となり、Xiaomiは9%で2位、サムスンは6%で3位となっています。


BCNランキング

BCNランキング

日本においてAirPodsシリーズは、月に10万個以上販売されていて、月に1万個以上販売するソニーやバリュートレードの完全ワイヤレスイヤフォンを大きく引き離している状況となっているようです。

Appleは、2019年10月に元Bowers & Wilkinsで、音響担当Gary Geaves氏をヴァイスプレジデントに昇格させ、AirPodsなどの製品に関しての部門として立ち上げています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事