NEWS

App Store、App Store審査ガイドラインの厳格化などによりアプリ数がピーク時比較で29%減少

Appfiguresより

Appfiguresより

Appfiguresが、AppleのApp Store審査ガイドラインの厳格化や、64bit非対応アプリの削除などにより、2017年始めにダウンロードできた約220万のアプリは、2017年末に約210万となり5%減少したと報告しています。

Androidアプリは、2017年に約150万以上もの新しいアプリがリリースされ、前年度比17%増なのに対して、App Storeは、新しいアプリが最も多くリリースされた2014年をピークに減少傾向にあり、29%減少しているそうです。


Appfiguresより

Appfiguresより

App Storeの減少は、Appleが量よりも品質を優先した結果によるもので意欲的だとしながらも、Androidアプリの成長は、iOSアプリからAndroidアプリへの移植が多かったのに対して、その逆は半分にも満たないと分析しているそうです。

現在のApp Storeのアプリ数は約160万、Androidアプリ数は約320万で、クロスプラットフォーム化されているアプリ数は約45万程度に留まっているそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事