NEWS

Apple、Special Projects Groupスタッフを拡充

Appleは、2013年9月に、元Appleヨーロッパのセールスマネージャーで、イブサンローランの社長だったPaul Deneve氏を呼び戻し、Special Projects Group担当ヴァイスプレジデントとして迎え、新しい部門を発足させました。


グループには、フィットネス専門家Jay Blahnik氏、SenseonicsのヴァイスプレジデントTodd Whitehurst氏、Sano IntelligenceのエンジニアWren Nancy Dougherty氏、Vital ConnectのヴァイスプレジデントRavi Narasimhan氏、MasimoのバイスプレジデントMichael O'Reilly氏、C8 MediSensors(解散)のシステムエンジニアUeyn Block氏、Philips Researchの睡眠研究を行なっていたRoy J.E.M. Raymann, PhD氏など、健康とフィットネスの研究者や、センサー開発者が集められています。

モバイルモニタリング製品を開発するSano IntelligenceのAshwin Pushpala CEOもアドバイザーとしてグループに加わっているようです。

2014年になると、Vital ConnectのバイオメディカルエンジニアAlexander Chan氏、Ventivaのオペレーションエンジニアリング担当ヴァイスプレジデントScott Gooch氏、医療機器コミュニティーの新生Divya Nag氏を雇用しています。

さらに、社内から、Appleの組込みドライバー開発チームからエンジニアや、ワイヤレスソフトウェアエンジニアを引き抜き。開発チーム組織を拡大しているようです。


関連エントリー
Apple、役員情報「Executive Profiles」に、Tim Cook CEO直属ヴァイスプレジデントを追加
ロイター:Apple、バイオテクノロジー業界の幹部を相次いで引き抜き
9to5Mac:Apple、Forbesの若き起業家30名に選ばれたDivya Nag氏を医療技術チームに加える
Bloomberg:Apple、元イヴ・サンローランのPaul Deneve CEOを雇用(Appleへ復職)
9to5Mac:Nikeのアスリートコンサルタントだったフィットネス専門家Jay Blahnik氏、Appleに雇用される


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事