NEWS

名古屋市、東北地方太平洋沖地震で被災された方を対象に市営住宅「206戸」を無償提供

名古屋市

名古屋市

名古屋市が、東北地方太平洋沖地震で被災された方を対象に、名古屋市営住宅等を無償提供すると発表しています。

受付住宅は、市営住宅:市内全域200戸、名古屋市住宅供給公社賃貸住宅:6戸

入居期間は6カ月以内(当初許可日から1年間を限度として更新可能)、使用料は無償だそうです。

提出書類は、申請書、入居を希望する方全員の住民票の写し、り災証明書が必要となりますが、居住地の役場が被害を受けて機能していない場合もあるため、相談窓口に相談するよう説明されています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事